私らしく生きる 50代からのマチュア世代に

人気記事ランキング 連載・特集

【肉類の保存方法】牛肉・豚肉・鶏肉・ひき肉|うまみや栄養を逃さないように冷凍するコツは?

公開日

更新日

沼津りえ

高たんぱくである肉類は、人間の体を維持する重要な食材。安いときにまとめ買いをして、上手に保存しておいしく食べたいですね。料理研究家の沼津りえさんに、長もちさせて、おいしく食べきる保存方法を教わりましょう。牛肉、豚肉、鶏肉の中にも、部位や加工方法により、さまざまな商品があり、その消費期限も異なります。いくつかの保存方法を知ることで、食べ方やレシピの幅が広がります。

買ってきたらまずドリップをとりチルド室へ

買ったきた肉類は、できるだけ早くチルド室やパーシャル室などの低温度室に入れるようにしましょう。基本的にパックのままでOKですが、ドリップをとり除き、ラップなどでぴっちりと包んでから保存すると雑菌が繁殖しにくくなります。

トレーのまま冷凍はNG

トレーのまま冷凍してしまうと凍るのに時間がかかり、解凍時にドリップ(うまみや栄養分の含まれた液汁)が出やすくなります。必ずトレーから出し、ラップで包みファスナーつき保存袋に入れて冷凍しましょう。

冷凍室に急速冷凍機能がない場合は、熱伝導のよいアルミトレーが便利。トレーの上に食材をおき、冷凍室に入れれば、冷凍スピードがアップします。

ドリップ吸収シートはとる

パックに入っていることの多い「ドリップ吸収シート」は必ずとりのぞいてから冷凍します。肉に付着した水分は、キッチンペーパーなどを使って吸収します。

かたまり肉の冷凍方法

かたまり肉を冷凍するときは、用途に合わせて切り分け、個別にラップで包むか、ファスナーつき保存袋の中で重ならずに並べた状態で冷凍します。

ひき肉の冷凍方法

ひき肉はポリ袋に入れて平らにならし、袋の上から菜箸などで筋をつけておくと、手で必要な分を折って使えるので便利です。

冷凍肉の解凍方法

急速に解凍するとドリップとともにうまみが流れ出てしまうので、低温でゆっくりと自然解凍するのがおすすめ。使う予定があったら、半日〜1日前に冷蔵室に移しておくとよいでしょう。

※この記事は『食材保存大全』沼津りえ著(主婦の友社)の内容をWeb掲載のため再編集しています。

食材保存大全

沼津りえ著
主婦の友社刊

その食品保存の方法、正しいですか? 昔と今とは住環境も違います。ムダなくおいしく食べきるための食品保存の新常識はコレです。

詳細はこちら

PICK UP 編集部ピックアップ