私らしく生きる 50代からのマチュア世代に

人気記事ランキング 連載・特集

頑張りすぎずにキレイを叶えるラクラク掃除術

【フローリング・壁】広いスペースと部分汚れで、ナチュラル洗剤を使い分け!

公開日

更新日

ゆうゆう編集部

掃除機がけではとれない床の食べこぼしや、壁の手あかや油汚れ。気づいたときにササッと処理しておくと、清潔感をキープできます。広いスペースをふくなら重曹水、部分的な汚れにはアルコール水をポイント的に使うのがラクラクポイント。ナチュラルクリーニング講師 本橋ひろえさんに教えていただきました。

フローリング

広い面積をふき掃除するときは重曹水、部分汚れをサッと落としたいときはアルコール水と使い分けるとラク。ただしアルコール水は油汚れをとかすため、ワックスがけした床には注意を。ふき掃除の前に、掃除機をかけておきましょう。

【アルコール】

中性で、油をとかす作用があり、油汚れを落とすのに向いている。除菌効果もある。濃度によって「無水エタノール」と「消毒用エタノール」に分かれ、比較的安価な消毒用がおすすめ。

<アルコール水として使う>
水110mlに対し、アルコール90mlを入れ、混ぜる。容器が傷まないよう、水を先に入れること。数カ月使用可能。

食べこぼしなどの部分汚れにはアルコール水

部分的な汚れは、アルコール水をスプレーしてふき取るのが簡単。

フローリング用ワイパーに乾いたマイクロファイバークロスをセットして使うと、汚れがサッと落とせて便利。

1%の重曹水を使用すれば二度ぶきは不要

40度のお湯2ℓに重曹小さじ5を入れた1%の重曹水を使用すると、粉の白浮きがないので二度ぶきは不要。

フローリングの目に沿って、部屋の奥から手前に向かってふく。

【重曹】

ごく弱いアルカリ性で、皮脂や湯あか、油汚れなど、家の汚れの80%を占める酸性の汚れに幅広く対応。粒子が細かく水にとけにくいので、粉末はクレンザー代わりにも。

<重曹水として使う>
40度の湯200mlに対し、重曹小さじ1/2をとかす。掃除後に白い粉が出るのを防ぐため、この濃度を守る。1日で使い切ること。

マイクロファイバークロスはあらかじめ複数用意しておくと便利!

バケツや洗面台に重曹水を作り、すべてのマイクロファイバーをつけ絞っておくと、そのつど洗う手間がなく、一気に掃除ができる。

終わったら重曹水ですすぎ、そのあと洗濯機で洗う。

この記事の執筆者

PICK UP 編集部ピックアップ