私らしく生きる 50代からのマチュア世代に

人気記事ランキング 連載・特集

首のイボ、皮膚科と美容医療クリニックどちらに行けばいい?【美容医療の今さら聞けないQ&A】

公開日

更新日

植田晴美

Q 毛穴の悩みにはダーマペンという施術がいいと聞きました。マチュア世代にも効果がありますか?

A 年齢によって肌の状態が異なるため、効果を得やすい治療も異なります。

角栓(皮脂、古い角質、メイク汚れやホコリなどが混ざり合ったもの)がつまって毛穴が黒くなっている、紫外線や過剰なスキンケアなど皮膚への刺激が原因で色素沈着していて毛穴が目立っている、脂性肌で毛穴がぽっかり開いているなど、毛穴の悩みにも、いろいろなタイプがあります。タイプ別に適切なケア方法は変わってきますが、マチュア世代に多いのは「たるみ毛穴」。皮膚の弾力が失われることが原因で、毛穴の落ち込みが目立っているのです。

ダーマペンは専用機器の非常に細い針で、皮膚に小さな穴を開け、皮膚が傷を修復しようとする力を利用する治療法です。「コラーゲンなどを作り出す自分の力」を使う治療なので、加齢によって修復能力が弱ってきていると、若い人たちほどの効果は実感できないというのが正直なところです。

マチュア世代のたるみ毛穴には、レーザーなど熱を加えた治療のほうがより効果が期待できるでしょう。

ブログ、インスタグラム、YouTubeなどを見ると、いろいろな方々が「こんな悩みがあって、この施術を受けたら、こんなにキレイになった」という情報を発信しています。でもそもそも一人一人肌の状態が異なるので、その情報が自分にピタリあてはまるとは限りません。たとえばたるみを改善するハイフも人気の高い治療ですが、肌質の状態が変わってくるマチュア世代ではあまり効果を実感できない人もいます。

美容医療クリニックの中には「ダーマペンをしたい」「ハイフをやってみたい」という患者の希望通りの施術を提供するだけの施設もありますので、気をつけて。希望する施術が自分の悩みを改善してくれるものかどうか、きちんと診察・カウンセリングをしてくれる美容医療クリニックを選ぶことが大事です。

PICK UP 編集部ピックアップ