私らしく生きる 50代からのマチュア世代に

人気記事ランキング 連載・特集

首のイボ、皮膚科と美容医療クリニックどちらに行けばいい?【美容医療の今さら聞けないQ&A】

公開日

更新日

植田晴美

Q 美容医療ビギナーにおすすめの施術って、ありますか?

A ダウンタイムがない、痛みが少ない治療からスタートしてみては。

「メイクでもうまく隠せないシミがあって、それを何とかしたい」といような具体的な悩みがある場合は、自分が気になるところに対して、どんなアプローチができるのかを相談してみるとよいと思います。

マチュア世代になると、トラブルとまではいかなくても「肌につやがない」「くすみが気になる」「ハリがなくて疲れ顔に見える」など、肌コンディションの低下を実感する人が増えてくるでしょう。「何かやってみたいけれど、何から始めればいいのかわからない」という方は、肌コンディションを上げる施術を試してみるとよいかもしれません。

美容医療ビギナーの方だったら「痛みがない」「ダウンタイム(=治療や施術の後に現れる赤み、むくみ、はれ、内出血などが引いて、通常の状態に戻るまでの時間)がない」治療が受けやすいでしょう。たとえばイオン導入=微弱な電流を肌に流して、美容有効成分を肌に浸透させる施術、エレクトロポレーション=電気の力を使って、美容有効成分を肌に浸透させる施術)、高周波治療=高周波を肌に照射し、熱を加えることで引き締めやコラーゲン産生が期待できる、などを選んでみてはいかがでしょうか?

「きれいになるためなら、多少の痛みはがんばれる!」のであれば、おでこ、眉間、目尻のシワを改善するボトックス注射はいかがでしょう。施術時間が短いので忙しい方でも受けやすく、ダウンタイムもほぼありません。「注射」という単語を聞いただけで敬遠する人もいますが、使う針はかなり細いのでこわがりすぎなくて大丈夫(痛みの感じ方には個人差があります)。
眉間にくっきりと入っていたシワが消えるだけで、気分も明るくなりますよ。

大前提として、希望する施術が自分の悩みを改善してくれるものかどうか、きちんと診察・カウンセリングをしてくれる美容医療クリニックを選ぶことも大事です。

PICK UP 編集部ピックアップ