私らしく生きる 50代からのマチュア世代に

人気記事ランキング 連載・特集

首のイボ、皮膚科と美容医療クリニックどちらに行けばいい?【美容医療の今さら聞けないQ&A】

公開日

更新日

植田晴美

Q 美容医療クリニックとの上手なつきあい方が知りたい

A 肌管理はできるだけ1カ所のクリニックで。手術は経験豊富な医師を選びましょう。

ドクターショッピングがあまり望ましくないのは、一般の医療も美容医療も同じです。自分が信頼できるクリニック、医師に出会えたらという前提になりますが、シミ、シワ、たるみ、毛穴などの肌の悩み、つまり肌の管理はできるだけ1カ所で診てもらったほうがとよいでしょう。

医師は一人一人の患者さんに合った施術を提案しますが、その人の肌質、治療を受けたときのコンディションなどによって、予想していたのとは異なる反応が出る場合もあります。「◯◯をやったら、こうなった」という治療の記録は肌管理にとって、とても大事なもの。「治療を受けて肌が赤くなる、ヒリヒリした。次は違うクリニックに行ってみよう」と別のクリニックに行ってしまうと、次の医師も前にどんなことをしてどんな反応が出たのかという詳細がわからないので、治療もうまくいかない心配があります。

治療を受けた後に気になることがあったり、トラブルが出たりした場合は、まず治療を受けたクリニックに相談してみましょう。相談したのに医師やクリニックの対応がいまいち……というような場合は、もちろんクリニックを変えてかまいません。

外科的な治療を希望する場合は、手術が得意、手術の症例数が多いクリニックを選ぶとよいでしょう。またどんな形を美しいと感じるかは人によって違います。「こういう目元にしたい」「この医師が治療した鼻や唇の形が好き」など自分の好み、こだわりがある場合は、いつも肌管理をしてもらっているクリニックがあったとしても、好みの治療をしてくれる別のクリニックに行ってみてはいかがでしょう。

監修者

医師

廣瀬雅史

美容クリニックTHE ONE.の医師。奈良県立医科大学医学部卒。日本形成外科学会認定専門医•美容外科医・美容皮膚科医。学生の頃から自身も美容が好きで美容外科医を志す。さまざまな学会や勉強会にも積極的に参加し、最新の美容情報にも精通している。「医療を受ける側が不利益を被る業界であってはならない」という定見のもと、〝綺麗になりたい〟〝いつまでも若々しい姿でいたい〟という患者の声と真摯に向き合う。

美容クリニックTHE ONE.の医師。奈良県立医科大学医学部卒。日本形成外科学会認定専門医•美容外科医・美容皮膚科医。学生の頃から自身も美容が好きで美容外科医を志す。さまざまな学会や勉強会にも積極的に参加し、最新の美容情報にも精通している。「医療を受ける側が不利益を被る業界であってはならない」という定見のもと、〝綺麗になりたい〟〝いつまでも若々しい姿でいたい〟という患者の声と真摯に向き合う。

PICK UP 編集部ピックアップ