私らしく生きる 50代からのマチュア世代に

人気記事ランキング 連載・特集

【ガーデニング】初心者にも育てやすい!早春に咲く球根の花7選。植えっぱなしで長く楽しめる

公開日

更新日

光武俊子

まだまだ寒さが続いていますが、日差しのなかに春の気配が感じられませんか。ガーデニングシーズンの到来を待ちきれないみなさんに、ご紹介したいのは早春に咲く球根の花。寒さに強くて雪の中でも咲いてくれます。

今からでも楽しめる「芽出し球根」ってなに⁉

まだ寒中という時期にも、あちらこちらからウメの開花便りが届きます。これからロウバイやコブシと、木の花がつぎつぎに咲いて頭上を見上げる機会がふえますね。一方、足元では早春に咲く球根の花々が春を知らせてくれます。

地面からわずかに顔を出して咲くクロッカスやスノードロップは、ほんとに小さな花ですが、だからこそ冷気の中に小さな春の温もりを届けてくれるよう。早春に咲く花は草丈の低いものが目立ちます。一方、スイセンのように甘い香りで春の訪れを気づかせてくれるものもあります。

春に咲く球根植物は、秋に植えつけるのが一般的。「じゃあ、もう間に合わないじゃない⁉」とがっかりしなくても大丈夫です。近年は「芽出し球根」といって、生産者が秋に植えつけた球根を開花直前にポット苗として売り出すことがふえました。

芽出し球根は、プロが育てた球根だから安心して栽培できます。日当たりよい場所に置いて、表土が乾いたら水が底穴から流れ出るまでたっぷり与えるだけ。晴れた日の午前中に水やりしましょう。温室で育てられたものもあるので、1週間ほどは夜間だけ玄関などに取り込んで寒さに慣らすと、さらに安心です。

植えっぱなしできる早春の球根植物

クロッカス

開花期:2~4月
草丈:5~15㎝

地際で細長い蕾をぷっくりふくらませ、晴れた日に花を開きます。小さい花ですが、雪や霜にも負けないで存在感を発揮。黄色や白、紫が主流で、ストライプやバイカラーの園芸種も登場しています。芝生の中に群植したり、小鉢にいっぱい植えつけるのもすてきです。

スノードロップ

開花期:2~3月
草丈:5~20㎝

まさに雪のしずくが零れ落ちるような可憐な花姿。スノードロップは英語名で、学名はガランサスといいます。原産地の東ヨーロッパでは落葉樹の林床を埋めるように咲くとか。6月には地上部が消え、秋にまた芽を出します。小鉢に植えて視線に近い位置に飾りたい花です。

チオノドクサ

開花期:2月中旬~4月
草丈:10~15㎝

霜や凍結にも強く、いち早く春を知らせてくれる秋植え球根です。チオノドクサの芽出し球根はあまり流通していませんが、球根は一度植えれば毎年よく咲くのでおすすめ。いくつかの種類があり、1茎に3~8輪ほどつく花は群れ咲かせると、輝くようにきれいです。

スイセン

開花期:12~4月
草丈:10~60㎝

1茎に数輪の小花を咲かせる房咲きスイセン、中央の花冠が目立つラッパスイセンなど、さまざまな種類があります。甘い香りや花立ちのよさ、丈夫さで人気です。一番早く咲き出すのは房咲きタイプですが、葉も早く出て寒さで傷むため、寒冷地にはラッパ咲きが向きます。

PICK UP 編集部ピックアップ