私らしく生きる 50代からのマチュア世代に

人気記事ランキング 連載・特集

【お金のメリハリ】エッセイスト柳沢小実さんの日用品の買い物と、仕事に欠かせない愛ある道具

公開日

更新日

柳沢小実

【仕事道具】クリエイティブに働きたいから仕事道具は愛をこめて選ぶ

モチベーションを左右する仕事関係のアイテム。欲望のままに買いこんでも使いきれず、色や規格がバラバラだと統一感がなくごちゃついて見えるので、手を広げすぎないようにしています。

文房具のように、どうにも好きで値段も手頃なものは、本音ではかたっぱしから使ってみたい。でもキリがないから、ノートはこれ、ファイルはこれ、と用途別に定番アイテムを決めています。

仕事の効率を左右するPC(家用と持ち歩き用)と、コミュニケーションのツールにもなる名刺&名刺入れ、常にバッグに入れているペンケースは、それなりに予算をさきました。そしてファイルやバインダー、ルーズリーフと手帳は、縁の下の力持ち。多少割高でも、素材や設計の良さは譲れません。

逆に、安くて良いものが見つけやすいのは付箋やペンで、100円ショップや無印良品、文具店でひょいっと買うことも多いです。仕事柄、付箋の消費量が多く、消耗品は気軽に手に取ってもいいことにしています。

デスクまわりを整えるためのグッズや、便利さを追求するためのアイテムも数多くありますが、個人的にデスクの上のアイテム数は増やしません。見ると欲しくなるから、ぐっと我慢。

デスクの上はすっきりと整とんして

出張先やカフェなど、外で仕事をする際は持ち歩き用のタブレットPCを使っています。家で仕事する場合も資料が大量に必要なので、デスク上の道具類は少なめ。ペン類はペンケースから出してトレイに並べます。

消耗品の付箋は100円ショップが掘り出し物多し

最近、100円ショップが付箋に力を入れていて、魅力的な新商品が続々と販売されています。色展開がお洒落になり、デザインのバリエーションもかなり豊富に。「衝動買いしてもOK」と決めているアイテムです。

一生もののペンケースと情報を整理しやすいルーズリーフ

紙と文字に関する仕事をしているので、ずっと一生もののペンケースが欲しかった。奮発して、スマイソンで選びました。そして、ノートからルーズリーフに替えたら、入れ替えできるため情報の整理がしやすくなりました。


※この記事は『私らしい暮らしとお金の整え方』柳沢小実著(主婦の友社)の内容をWEB掲載のため再編集しています。


★合わせて読みたい★

座りっぱなしの運動不足を解消した【健康管理のお金】とは? エッセイスト柳沢小実さんに聞く
自分らしく暮らしながら【食費を減らすコツ】エッセイスト柳沢小実さんが考えたのは?
【衣服にかけるお金】定番もトレンドも楽しむ、エッセイスト柳沢小実さんのコツとは?エッセイスト柳沢小実さんの【住まいのお金の使い方】予算内でよいものを探すコツとは?

私らしい暮らしとお金の整え方

柳沢小実著
主婦の友社刊

人気エッセイスト、柳沢小実さんのこれからの暮らしとお金。40代半ば、ずっと自分らしく暮らすためのお金の「はじめの一歩」。

詳細はこちら

PICK UP 編集部ピックアップ