私らしく生きる 50代からのマチュア世代に

人気記事ランキング 連載・特集

春を先取りする「プリムラの花」で玄関先をカラフルに彩る!初心者OKの【ガーデニング】 

公開日

更新日

光武俊子

寒さに強く、本来は春に咲く多年草

プリムラ・ジュリアンが園芸店に並び始めるのは10月ごろ。関東以西の暖地では冬も戸外で咲き続けます。ただし、厳寒期は1つの花がしおれずに長くもつという感じ。気温が上がってくると、つぎつぎに新しい花が咲きあがり、株も大きくなってパワー全開です。

寒冷地では霜が降りる頃に室内に取り込みますが、欧州原産のブルガリスなどは関東の山沿いでも庭植えで越冬し、春に新葉を繰り出して咲きます。プリムラの語源は「第一の」という意味の「プリモス」。秋に植えられなくても、これから“春を一番に”告げてくれます。

まだ寒さの残る時期に植えつけるなら、室内にも取り込みやすい鉢栽培が安心です。寒さに強いといっても、苗は温室で育てられている可能性があるので、購入して1週間ほどは、夜だけ玄関内などに入れて、徐々に寒さに慣らしましょう。

寄せ植えやハンギングで飾ってみよう

プリムラはジュリアンのように花茎が伸びないタイプと、マラコイデスのように花茎が伸びるものがあります。花茎が伸びないタイプは窓辺のコンテナに寄せ植えしたり、ハンギングバスケットや吊り鉢などで視線に近い位置に飾るのがおすすめです。花茎が伸びるタイプは強風で折れないように、置き場所を選びましょう。

市販の苗はポットの中に根がまわっていることが多いので、購入後すぐに植え替えます。寒いうちは根のまわりの土はくずさないで、そのままひとまわり大きな鉢に入れて培養土を足します。鉢底が網状になっているような、水はけよい鉢を用いてください。

日当たりのよい場所に置いて、鉢土の表面が乾いたら底穴から流れ出るまで、たっぷり水やりします。咲き終わったら花がらは摘んでください。春になっても花数がふえてこない場合は、液体肥料などを施します。

この春は、気温の上昇とともにつぎつぎに咲きあがる花をぜひ楽しみませんか。

*1原種:世界各地にもともと自生している野生の種類。
*2園芸品種:原種などをもとに交配や選抜などをして、人がつくった植物。

★合わせて読みたい★
【バラの花】をたくさん咲かせる【ガーデニング】の基本。初心者でも実は丈夫で育てやすい!
きれいな花を咲かせるために、冬の土づくりから始めよう【ガーデニング】カチカチの土をふかふかに!
今から植えっぱなしで長く楽しめる【冬植え球根】の花7選【ガーデニング】
寒さが味方の【キッチン菜園】節約しながらおしゃれが叶う!【ガーデニング】
【ガーデニング】かわいい多肉植物たちを冬の間に枯らさないコツは?
鉢植えで楽しむ【冬に華やかに咲く花】おすすめ7選【ガーデニング】
冬の花壇を彩る【パンジー&ビオラ】寒い時期のお世話の仕方は?【ガーデニング】
【ガーデニング】真っ赤なカラーが目を引く冬の定番鉢花!【シクラメンとポインセチア】を大事に育ててずっと楽しむ

PICK UP 編集部ピックアップ