私らしく生きる 50代からのマチュア世代に

人気記事ランキング 連載・特集

やせたい50代におすすめの朝ごはん2選。【ツナサンド】ともうひとつは?【ダイエット】

公開日

更新日

望月理恵子

マチュア世代のダイエットには、「何をどれだけ食べるか」よりも「いつ何を食べるか」が大事。これは、2017年にノーベル生理学・医学賞を受賞した「時計遺伝子」の研究をベースにした、体内時計をコントロールしてやせる方法です。管理栄養士の望月理恵子先生に、朝食のおすすめメニューをうかがいました。スパイスやDHA、EPAがキーワードです!

朝カレーはダイエットにおすすめ

メジャーで大活躍した元プロ野球選手の活動の原動力は「朝カレー」と言われたことがあります。ご飯(炭水化物)、肉、魚介類、卵(たんぱく質)、にんじんや玉ねぎ(食物繊維)が入っていて、朝、体内時計(※)をリセットするにはぴったりです。

朝は夜より消費エネルギーが多く、胃や肝臓も活発に働き、午後にかけて活動性も高まるため、脂肪がたまりにくく、あまりカロリーを気にしなくても大丈夫。

また、朝カレーは冷え性の人にもおすすめです。体温は夜間に低く、早朝に最低になりますが、起床後、朝食をとると急上昇します。何種類ものスパイスが含まれるカレーは体を温める働きがあるので、長い間、末梢温度を上げ、冷え性改善に働くという研究もあります。

体を温める食材のかぼちゃ、れんこん、にんじん入りの根菜カレー、えび、たらなどを加えたシーフードカレー、クローブ、シナモン、唐辛子をプラスしたスパイシーカレーなどにするとより効果的。

朝からカレーはヘビーだという方は、スープカレーにし、少量のご飯かパンを添えれば(菅元首相も実践し14㎏減量したように)、ダイエット効果も期待できます。ただ、カレーは塩分が多めなので、血圧が高めの方は、朝は避けましょう。

※【体内時計】【体内のサブ時計】の乱れはダイエットの大敵!

私たちの体の中には体内時計があり、1日24時間の地球の動きに合わせて生体リズムを刻んでいます。
体内時計がずれると、生体リズムが乱れて、自律神経やホルモンが乱れます。食欲増進ホルモンが増え、食欲抑制ホルモンが低下するなどして肥満を招くのもその影響。体内時計のずれは、ダイエットの大敵といえます。
体内時計は、脳にメインの時計があるほか、内臓や筋肉、皮膚などにサブ時計がいくつもあります。

PICK UP 編集部ピックアップ