私らしく生きる 50代からのマチュア世代に

人気記事ランキング 連載・特集

【ガーデニング】春から秋まで長く咲く花8選。次々に花を咲かせるポイントは【開花期間の長い花】

公開日

更新日

光武俊子

乾燥に強く窓辺を飾るコンテナ向き【ゼラニウム】

草丈/20~100㎝

現在はペラルゴニウム属に分類が変わりましたが、今もこの名前で流通します。早春から初冬まで繰り返し咲く多年草。多肉質の茎葉で、ボール状に集まる小花を咲かせます。乾燥に強く過湿に弱いため、庭よりコンテナに植えつけて水やりの間隔をあけて栽培します。

多彩な花色の丈夫な多年草【カリブラコア】

草丈/10~30㎝

かつてはペチュニアの仲間とされて、よく似た小ぶりの花を多数咲かせます。近年、品種改良が盛んに行われ、花色が多彩になり、育てやすくなって人気です。ペチュニアより寒さに強く、茎が木質化するタイプもあって、冬越しします。吊り鉢などに仕立てましょう。

星形の小花をドーム状に咲かせる【ペンタス】

草丈(樹高)/30~100㎝

草花に見えますが熱帯原産の常緑低木で、暑いほど元気に育ちます。ただし、寒さに弱いため日本では一年草扱い。星形の花をドーム状に集めて、霜が降りるまで咲きます。花が終わったら、脇芽のある節の上で切りとって、脇芽を伸ばして次の花を咲かせます。

長く元気に咲かせるためのポイント

ご紹介した花々はどれも晩春から晩秋まで長く咲く花ですが、日照の少ない梅雨や高温多湿の夏に傷んだり、花が止まることもあります。咲き終わった花がらは摘み取って、次の花を咲きやすくしましょう。株が混みあっていたら切り戻しをして、風通しを図ります。

雨が続いて水やりをしなかったあと、急に晴れて気温が上がると水切れしやすいものです。雨でも鉢の表土が乾いたら、鉢底から水が流れ出るまでたっぷり水やりします。何度も水切れを繰り返すと株が弱ってしまうので、気をつけて!

夏に花が止まってしまっても、気温が下がり始めると再び咲くことがよくあります。花が咲かなくても株に元気があれば、少し様子をみましょう。気温が下がったタイミングで緩効性の肥料を規定量与えることで、霜が降りる頃までたっぷり咲かせましょう。

★合わせて読みたい★
タネから育てて秋まで咲かせる【ガーデニング】春まきの一年草に挑戦する!
【ガーデニング】春植え球根8選 夏に華やかに咲く大きな花は、春が植えどき
【ガーデニング】鉢植えで楽しむ春の花7選。初心者でも愛らしい花をたくさん咲かせる方法
【ガーデニング】春の妖精を咲かせたい! 8種のスプリング・エフェメラル【毎年彩る多年草】
【ガーデニング】春に咲く青い花9選。花壇や鉢植えに最適な植え付け方法
【ガーデニング】一年中花が咲く庭は【多年草】選びから。初心者でも育てやすい多年草7選
【ガーデニング】花のカーペットで雑草を防ぐ!「グラウンドカバー」8選で庭のおしゃれ感アップ!
春を先取りする「プリムラの花」で玄関先をカラフルに彩る!初心者OKの【ガーデニング】 
【バラの花】をたくさん咲かせる【ガーデニング】の基本。初心者でも実は丈夫で育てやすい!

PICK UP 編集部ピックアップ