私らしく生きる 50代からのマチュア世代に

人気記事ランキング 連載・特集

自分で自分の機嫌をアップさせる6つのヒント。小林弘幸先生に教わる【自律神経】

公開日

更新日

雑誌「健康」編集部

3行日記を習慣にする

せっかく上機嫌をキープしても、1つ嫌なことがあると、ネガティブの沼に落ちていくのはあっという間。思い通りにいかない人生で、自分を励ますのにもってこいの方法が3行日記です。

1日を振り返り、3つの項目を1行ずつ紙に書き出すだけで、客観的に自分のことを見られて、ストレス発散にもなります。

3行日記に書く項目
1 今日一番ストレスを感じたこと
2 今日一番感動・感謝したこと
3 明日の目標

小林ドクターの上機嫌の習慣

「夫婦でYouTubeを始めました」
コロナ禍のダメージから立ち直るには思い切ってリセットすること。私も新しいことに挑戦しようと、YouTubeで健康情報を発信する『ドクター小林の健康塾』を始めました。楽しくてワクワクした気持ちがよみがえっています。

PROFILE
小林弘幸先生
こばやし・ひろゆき●順天堂大学医学部教授。自律神経研究の第一人者として、自律神経と腸を整える健康な心と体を提案。順天堂医院に日本初の便秘外来を開設し、「腸のスペシャリスト」として、多数のメディアで活躍。新刊『上機嫌の習慣』(主婦の友社)好評発売中。

※この記事は「健康」2023年春号(主婦の友社)の内容をWEB掲載のため再編集しています。


★合わせて読みたい★
気圧の変動がある時期、午前中に向いている仕事とは? 午前と午後のタスク切り替えのススメ【自律神経】
いつも機嫌のいい人になる! 【自律神経】を整えるために小林弘幸先生が常備する必食アイテムとは?

上機嫌の習慣

小林弘幸著
主婦の友社刊
朝、水を1杯飲むことから始めよう! コロナに負けず上機嫌になれる73の習慣

詳細はこちら
この記事の執筆者

PICK UP 編集部ピックアップ