私らしく生きる 50代からのマチュア世代に

人気記事ランキング 連載・特集

【50代のリフォーム】30年後も快適に暮らせる住まいの工夫とは? [リビング・ダイニング編]

公開日

更新日

ゆうゆう編集部

壁は「背景」だから、同じ室内でも面ごとにテイストを変える

木の壁は70年代の雰囲気に

ダイニングの正面は、赤と白のダマスク柄の壁紙を張り、クラシックな雰囲気に。「キッチン側は、義父母の昔の家の雰囲気を取り入れたくて、少し古いイメージの木の壁にしました」

白壁+棚、自由にディスプレー

リビング側は白い壁。「間延びした印象になるので棚を買ってきて取りつけました」。砂時計やろうそくなどがセンスよく飾られている。物を入れすぎず空間をつくるのがコツ。

青を背景に義母のコーナーを

リビングの入り口付近には深い青色の壁紙を。「色柄もこの分量なら圧迫感がなくアクセントに。義母が使っていた鏡と、好きで集めていたエンジェルの置物をここに。義母コーナーですね」

※この記事は「ゆうゆう」2020年4月号(主婦の友社)の内容をWEB掲載のために再編集しています。

撮影/井坂英彰

この記事の執筆者

PICK UP 編集部ピックアップ