私らしく生きる 50代からのマチュア世代に

人気記事ランキング 連載・特集

中道あんさん流、初めてのパリへ。女ひとり旅はポイ活必須!

公開日

更新日

中道あん

ひとり旅のメリットは自由気ままに過ごせることですが、大きなデメリットとして「割高」なのです。特に宿泊料金については二人で使う部屋をひとり占めなのでやむを得ません。だから予算も高めでも仕方ない。まず、これを超えないように、且つ、いかにお得に旅をするか思案を巡らせるのも旅作りの楽しみの一つなのです。

ここからが初めてのことばかり。よく考えてみたら、これまでの旅は旅行会社任せ。パンフレットから行先とホテルを選んだら、あとはチケットを受け取るだけでよかったのです。人生初の海外航空券を予約するところから始まります。

少しでも安い航空券を取るのもいいですが、正直なところ乗り継ぎはシンドイ。エコノミーはキツイ。どうせなら大好きなJALのマイルを使って贅沢したい。旅の日程はアップグレード航空券を購入できる日で決まります。貯めてあったマイルでビジネスクラスをゲット。実は少し足りなかったので別のポイントサービスからJALマイルに交換して調達。

ポイ活を始める前に、まずはどのマイルを貯めるか決めることが大事。別々に貯めてしまうと合算できないので1つに絞って効率的に貯めるのが基本です。JALのマイルは、スーパーやコンビニなどで貯めやすいPontaカード、ドットマネー、ハピタス、楽天ポイントなどで貯めました。特にPontaアプリや楽天ポイントクラブはお会計時にアプリを起動してバーコードを提示するだけで貯まっていく。知らぬ間にサクサク貯まってしまう有難い存在です。それでもパリ直行便の値段は44万円なり。これで大方予算の半分を使ってしまいました。

そして、肝心なホテル、旅のお家。空港からの直行するバスの停留所や、地下鉄から近く、日が暮れても寂しくならない、安全第一、バスタブがある(これは外せない)、古くても清潔なところ、などと譲れない条件を出して候補を絞っていきます。すると直行バスの停留所のあるオペラ座近くのホテルが条件にピッタリ。

国内旅行では、マリオットボンヴォイのポイントを使ってよく宿泊しています。オペラ座から歩いてすぐのところにもマリオット系列のホテルがあり、貯まっていたポイントを使って宿泊を予約。出発の間際までポイ活に励み、なんと最終的には全日ポイント宿泊できることにもなりました。

「宿泊費ゼロ」の旅です。そこを目指していたので達成感は半端ないです。今のレートで換算すると54万円程度経費削減できたことになります。そもそもの予算は飛行機+ホテルで消えてしまう計算でしたね。物価上昇に涙が出ます。一生一度あるかないかの旅です。残りの予算56万円でアクティビティと食事、お土産代で使いきるつもりです。

★あわせて読みたい★

中道あんさん流 60歳からの物件探し。「自分だけの空間」を手に入れたい 中道あんさん流 お金から自由になる方法。その先の投資への視点とは? 中道あんさん流・自分を輝かせる方法「マチュア世代は豊かなシニアの準備期間と思って行動を」

PICK UP 編集部ピックアップ