私らしく生きる 50代からのマチュア世代に

人気記事ランキング 連載・特集

モノを捨てずに今すぐ片づく収納アイデアとは? 専門家がアドバイス[後編]

公開日

更新日

ゆうゆう編集部

玄関の収納アイデア

外出時の必需品をまとめておく

ハンカチやティッシュ、診察券、ハンコなど玄関にあると便利なこまごまとしたものを、水越家では玄関を入ってすぐ正面の和ダンスに収納。

「玄関まわりにちょうどいい収納がない場合は、置き家具を検討してもいいと思います。玄関を入って最初に目に入るフォーカルポイントに置く家具なので、収納量だけでなく、インテリア的にも美しいものを選びたいですね」

家の第一印象がこれで決まる。

玄関にもフォーカルポイントを。

ハンカチなどはここに。引き出しの中はモノのサイズに合わせて仕切り、何がどこにあるかひと目でわかるように。

「タンスの上に飾っている和布のちりめん細工は母の手作り。季節や行事ごとに入れ替えるので、引き出しに収納しています」

収納力アップのコツ

「収納が足りない」と悩む前に、現在の収納に無駄がないか見直してみて。スペースの有効活用術を使えば収納量は大幅アップ。

白かご×タワー収納を作る

床から天井までの「タワー収納」は大容量。「かごを使った引き出し収納なら、奥の死蔵品がなくなります。かごの色を統一すると見た目もすっきり」

扉の裏も活用

下足入れの扉裏にフックを取りつけて、帽子やトートバッグをかけている。出しっぱなしになりがちなものもこうすれば片づく。

ミニスペースを収納に

水越家2階の廊下、吹き抜け階段の腰高壁の上に文庫本を。美しいブックエンドとともに置けば、まるでディスプレイのよう。

※この記事は「ゆうゆう」2023年12月号(主婦の友社)の内容をWEB掲載のために再編集しています。

取材・文/依田邦代 撮影/柴田和宣(主婦の友社)

★あわせて読みたい★

二度と散らからない家になる「適所適量」収納メソッドとは? 専門家がアドバイス

ゆうゆう2023年12月号

「片づけ上手ですっきり暮らす!」を大特集。体がしんどくならない片づけや掃除法を4人のプロが伝授します。住まい方アドバイザーの近藤典子さんが提案するのは、終活ならぬ「収活」術。今の自分の暮らしに必要なものを選び、適切な場所に収めていく方法を優しく教えます。その他、建築家・水越美枝子さんの「適所適量」の収納法や「お金も時間もたまる紙の片づけ」、掃除が苦手な人におすすめの「ついで掃除」など、読むだけで暮らしに前向きになれる特集です!
もう一つの注目企画は「もう家族疲れで悩まない!」。とても身近な存在だけに、悩みの尽きない家族ストレスについて、じっくり考えました。

※「詳細はこちら」よりAmazonサイトに移動します(PR)

詳細はこちら
この記事の執筆者

PICK UP 編集部ピックアップ