私らしく生きる 50代からのマチュア世代に

人気記事ランキング 連載・特集

【紙の片づけと収納】取扱説明書、請求書など重要な書類をすぐに取り出せるようにするには?

公開日

更新日

ゆうゆう編集部

Step2 「ホームファイリング」をする

自分や家族にとって本当に必要な紙だけを厳選したら、次は収納=「ファイリング」に挑戦! A4サイズのファイルが収まるボックスを用意し、ジャンル分けしていこう。

自分や家族にとって本当に必要な紙だけを厳選したら、次は収納=「ファイリング」に挑戦! A4サイズのファイルが収まるボックスを用意し、ジャンル分けしていこう。

「ホームファイリング」は、日常生活で使う紙を「5秒で取り出せる」ようにするファイリング術。

「ゆうゆう世代に必要なボックスは最大で上記の5つ。家族の人数やライフスタイルが変わったら、ジャンルを合体させてボックスを減らしてもOKです。ちなみに、50代の私は『マネー』『暮らし・健康・保証書』『未処理』の3つのファイルボックスで管理しています」

重要と思う紙は「忘れないためにも目につきやすいところに」と、冷蔵庫に貼ったりテーブルの上に置いたりしがちだが、他の紙に埋もれてしまっては意味がない。

「そのためにあるのが『未処理』ボックス。すぐに確認できない紙はいったん『未処理』ボックスに入れて、時間のあるときに中身をチェックし、捨てるのかファイリングするのか判断します。ポイポイ入れっぱなしにせず、毎日ちゃんと確認を!」

暮らし
ポイントカード、クーポン、緊急連絡先、年賀状1年分など、暮らしに関わる紙を入れる。

健康
診察券、健康診断の結果、予防接種のお知らせなど、家族の健康に関わる紙はここへ。

マネー
年末調整や確定申告(医療費控除を含む)に必要な書類など、お金に関する重要な紙を。

保証書
有効期限が残っている保証書を入れる。「トリセツ」アプリにない取扱説明書も。

未処理
じっくり読む時間がない書類、即座に判断できないものなどを投げ込む、一時的な置き場。

Step3 「自分ファイリング」もおすすめ

「ホームファイリング」は、家族にとって必要な情報を1カ所に集めた情報ステーション。でも、家の中には家族で共有しない紙もあるはず。個人の紙は「自分ファイリング」で管理しよう。

在宅ワークで使う仕事の書類、資格取得のための勉強の紙、習い事の資料など、自分だけに必要な紙は「自分ファイリング」に収納。

「主に自分がペットの世話をしているなら『ペット』のボックスを作り、その中で『ペット保険』『病院』『予防注射』などの個別フォルダーに分けます。また、子どもの受験や結婚式、家のリフォームなど、期間限定のものも『受験』『結婚式』『リフォーム』でファイリング。

終わったらボックスを見直して、不要な紙は捨てること。ボックスが多いと検索性が下がり、すぐに取り出せなくなるので、ボックスの数をあまり増やしすぎないこともポイントです」

習い事・学び
カルチャースクールのテキストやメモ書き、通信教育やオンライン講座の資料など。

資格・仕事
資格取得のための問題集や勉強に使う紙、家で仕事をする際に必要な資料などを収納。

レシピ
アプリやサイトを活用したいが、親から受け継いだレシピや大切な本などはここに保管。

※この記事は「ゆうゆう」2023年12月号(主婦の友社)の内容をWEB掲載のために再編集しています。

取材・文/依田邦代 撮影/柴田和宣(主婦の友社)


ゆうゆう2023年12月号

「片づけ上手ですっきり暮らす!」を大特集。体がしんどくならない片づけや掃除法を4人のプロが伝授します。住まい方アドバイザーの近藤典子さんが提案するのは、終活ならぬ「収活」術。今の自分の暮らしに必要なものを選び、適切な場所に収めていく方法を優しく教えます。その他、建築家・水越美枝子さんの「適所適量」の収納法や「お金も時間もたまる紙の片づけ」、掃除が苦手な人におすすめの「ついで掃除」など、読むだけで暮らしに前向きになれる特集です!
もう一つの注目企画は「もう家族疲れで悩まない!」。とても身近な存在だけに、悩みの尽きない家族ストレスについて、じっくり考えました。

※「詳細はこちら」よりAmazonサイトに移動します(PR)

詳細はこちら

★あわせて読みたい★

二度と散らからない家になる「適所適量」収納メソッドとは? 専門家がアドバイス モノを捨てずに今すぐ片づく収納アイデアとは? 専門家がアドバイス[後編]
この記事の執筆者

PICK UP 編集部ピックアップ