私らしく生きる 50代からのマチュア世代に

人気記事ランキング 連載・特集

72歳・元ミス日本 伊藤千桃さんの暮らし方【後編】「小麦粉さえあれば、来客があっても何とかなる!」

公開日

更新日

マチュアリスト編集部

可愛い柄布が1枚あれば作業着だっておしゃれに

インドネシアに住む従兄弟からのいただき物のバティック。大判の高級品で、夏はスカート代わりに。インテリアとしても重宝。

水玉柄の端切れを色違いで2枚購入し、縫い合わせただけのお手製エプロン。表と裏、柄の出し方でも印象が変わって気分転換に。

鎌倉の手芸用品店「スワニー」で見つけた格安の端切れ。たまに立ち寄り、気に入った柄をまとめ買いしてエプロン代わりに。

※この記事は「ゆうゆう」2020年5月号(主婦の友社)の内容をWEB掲載のために再編集しています。

撮影/砂原 文 取材・文/坂口みずき

★あわせて読みたい★

72歳・元ミス日本 伊藤千桃さんの暮らしの工夫と日々の心がけ。「手作りおやつで英気を養います」 72歳・元ミス日本 伊藤千桃さんの小さくて自由な暮らし。「自然の中に身を置いて、目の前のことにこつこつと精を出す毎日」

知ってる? PR

50代から「ペントハウス」にハマる理由とは?

50代から「ペントハウス」にハマる理由とは?

タワマンに住む富裕層の欲望が渦巻くサスペンス。韓国ドラマ「ペントハウス」が話題です!奇想天外な物語になぜハマる?トップブロガー 中道あんさんがひも解きます。

詳細はこちら
この記事の執筆者

PICK UP 編集部ピックアップ