私らしく生きる 50代からのマチュア世代に

人気記事ランキング 連載・特集

【ガーデニング】冬の土づくりで、きれいな花を咲かせよう!カチカチの土をふかふかに

公開日

更新日

光武俊子

芝生や鉢植えのエアレーション、マルチングにも挑戦!

芝生は育っていくにつれて土壌が固まり、根が養分や酸素を取り入れにくい状態になります。長く植え替えていない鉢植えでも、用土が硬くなって水がしみこみにくくなることがありますね。

そこで、ガーデニング用のフォークで土に穴をあけるエアレーションをしましょう。土の通気性や排水性がよくなり、芝生の根もほぐれて、植物は一息つけます。広い芝生には専用のスパイクも売っています。鉢植えならたこ焼き用のピックでもOK!

芝生用スパイク

ガーデニング用フォーク

寒い季節に土づくりをしたら、仕上げに植物を守るマルチングをしましょう。バラや地上部の枯れた宿根草などの株元に、腐葉土やバーク堆肥(※3)を3~4㎝の厚さで敷き詰めます。極端な寒さ(夏の暑さも)から植物を守り、適度な湿度も保ってくれます。

パーク堆肥

土は植物の命の源です。土づくりは地味な作業ですが、快適な土壌環境を整えることで、植物はよく生育して花をたくさん咲かせます。手間をかけただけ植物は応えてくれるので、土づくりに励んで、春を待つとしましょう!

※1 腐葉土:微生物が落ち葉などを分解したもの。土壌を改良する補助用土。
※2 牛フンたい肥:牛のフンをバークやわらなどと混ぜ、堆積させて発酵させたもの。
※3 バーク堆肥:樹皮の皮を堆積し、発酵させたもの。土壌改良効果が長く続く。
*いずれも完熟しているものを用いることが大切です。

※2023年1月25日に配信した記事を再編集しています。

★あわせて読みたい★

【ガーデニング】寒さに強い!早春に咲く球根の花7選。植えっぱなしで毎年咲いてくれる 【ガーデニング】宿根草のお手入れは、地上がすっきりする冬が適期!花いっぱいの大株を目指そう 【ガーデニング】冬は葉もの野菜やハーブ類を苗から楽しもう!

PICK UP 編集部ピックアップ