私らしく生きる 50代からのマチュア世代に

人気記事ランキング 連載・特集

60歳 文筆家 青木美詠子さんの暮らし「生活の中の小さな喜びを見つけて、人に手渡していきたい」

公開日

更新日

マチュアリスト編集部

夫婦で熱く夢中になれるプロ野球観戦で頭も心もすっきり

夫婦そろってスポーツ観戦好き。特にプロ野球のオリックス・バファローズファンです。ときどきは1泊で遠征も。昨年はオリックスのふるさと、神戸の球場まで足をのばしました。最近は球団グッズもユニークなものが増えていて、それも楽しいんです。

「こんなものがあったらいいな」は、まず自分で手を動かしてつくってみる

洋服やバッグ、エプロンなど、欲しい形が決まっているのに見つからないときには、自分でつくってみます。型紙をとるような本格的なものではなく、手持ちのアイテムや布の上に置いて布を裁ち、直線縫いだけで仕上げる自己流ハンドメイドです。

以前使っていたエプロンが使いやすかったので、それをもとに、さらに自分好みにアレンジ。太めのひもと首にかけない仕様は肩や首が凝らないように。さらにひもを結ばずかぶるだけのデザインなので気軽に着脱できます。

大きなポケットで大容量のトートが欲しくてつくったもの。革製のバッグは素敵だけれど重いので、持ち手にだけ革のはぎれをアクセントに使いました。

友だちに教わりながら、最近始めた編み物。ウール100%で日常使いしやすい靴下が見つからず、それならと自分で編んでみることに。お金があまりかからない老後の趣味としても注目しています。

写真/清永洋

※この記事は『60代からの小さくて明るい暮らし』主婦の友社編(主婦の友社)の内容をWeb掲載のため再編集しています。

★あわせて読みたい★

60歳 一級建築士 田中ナオミさんの暮らし「困りごとがあったら、腹をくくって対処に動きます」 70歳 料理研究家 大庭英子さんの暮らし「日常のささやかな楽しみをゆっくり噛み締められるのは、この歳ならでは」 82歳 ガーデナー 長塚のり子さんの楽しい暮らし。「今、やりたいことを懸命に。いつか必ず形になるから」

60代からの小さくて明るい暮らし

主婦の友社編
主婦の友社刊

60代からは、生き生きと明るく暮らしたい!
自分らしく年齢を重ねるためのヒント集。

人生も後半ともなると、先の不安や心配ごとのひとつやふたつ、誰にでもあるものです。でも、それらと何とか折り合いをつけて小さくても、楽しい暮らしを営んでいきたいもの。そこで、お手本となる50~80代の方々に住まい、食事、健康、おしゃれ、習慣や考え方などについて、小さな楽しみや、暮らしの工夫や心がけをお伺いしました。ぜひ、今日から実践できるアイデアを見つけてください。

※「詳細はこちら」よりAmazonサイトに移動します(PR)

詳細はこちら

知ってる? PR

50代から「ペントハウス」にハマる理由とは?

50代から「ペントハウス」にハマる理由とは?

タワマンに住む富裕層の欲望が渦巻くサスペンス。韓国ドラマ「ペントハウス」が話題です!奇想天外な物語になぜハマる?トップブロガー 中道あんさんがひも解きます。

詳細はこちら
この記事の執筆者

PICK UP 編集部ピックアップ