私らしく生きる 50代からのマチュア世代に

人気記事ランキング 連載・特集

【ガーデニング】ラヴェンダー、ミントなど香り高いハーブを美容や暮らしに活用するには?

公開日

更新日

ゆうゆう編集部

ラヴェンダー、ミント、クスノキなど、香りのすばらしいハーブは、その香りを生かして生活に幅広く役立てることができます。ここでは園芸研究家の桐原春子さんに、ラヴェンダーなど5種類のハーブを、美容や暮らしに活用する具体的な方法を提案していただきました。

今回紹介するハーブを使った寄せ植えはこちらをどうぞ↓↓
【ガーデニング】さわやかな香りと愛らしい花を楽しむハーブの寄せ植え

香り高いハーブは、美容や暮らしに積極的に活用して!

「ハーブの魅力は、さまざまに活用できること。育てたハーブをどうやって暮らしに役立てるか、それを考えるのも楽しみの一つ」と話すのは、長年にわたってハーブを育て、その利用法を研究してきた桐原春子さん。「一つの鉢に数種類の苗を植える寄せ植えがおすすめ」とも言います。

今回は4種のハーブ(クスノキ、ラヴェンダー、ペパーミント、ポットマリーゴールド)とローズマリーを、美容や暮らしに活用するアイデアをご紹介します。

ご紹介した方法を参考に、他のハーブで試してみるのもおすすめです。

ハンドバスなど、ハーブが肌に触れる場合にアレルギーが心配な人は、ハーブの浸出液を二の腕の内側に塗りつけ、1、2時間観察。赤く反応したら、使用しないほうがよいでしょう。

ハンドバス

肌荒れに効果があるとされるポットマリーゴールドと、鎮静効果のあるラヴェンダーを熱いお湯に入れ、有効成分を浸出させます。
香りと色合いも素敵で、手を浸せばリラックスでき、心身の疲れが消えていくようです。フットバスも同様の方法で行います。

材料と作り方

❶湯を沸騰させ、5分ほどおいてから洗面器に入れる。
❷①にポットマリーゴールドの花びらと、半分に折ったラヴェンダー(ドライ)の花茎を好みの量入れてしばらくおく。
❸手が入れられる温度になったら、両手を入れてゆっくりと浸す。

この記事の執筆者

PICK UP 編集部ピックアップ