私らしく生きる 50代からのマチュア世代に

人気記事ランキング 連載・特集

はるな愛さん「体と心の性の不一致、それが自分の個性だと気づいたときに人生が変わりました」【山あり谷あり私の人生】

公開日

更新日

ゆうゆう編集部

マルチなタレントとして、また数々の飲食店を経営する実業家として大活躍のはるな愛さん。いつも笑顔の印象があるはるなさんにも、これまでの人生、数え切れないほどのアップダウンがありました。10代の頃「死にたい」と思ったほどの苦しみをどう乗り越えたのか、今改めてその思いを伺いました。

\\あなたの声をお待ちしております//
↓↓をクリックしてアンケートへ
【読者アンケート実施中!】ハマっていることも、お悩みごとも、大募集!!

お話を伺ったのは
タレント、歌手 はるな愛さん

はるな・あい●1972年大阪府生まれ。
アイドル松浦亜弥のコンサート音源を口パクで完全コピーする「エアあやや」の芸で大ブレイク。
テレビ・ラジオ出演、CD・写真集リリースなどマルチに活動するかたわら、飲食店を複数経営する実業家としても活躍。
被災者支援や子ども食堂の主催など社会事業にも力を注ぐ。
出雲観光大使、韓国観光名誉広報大使も務める。

未来を思い描けなかった幼少期。「誰が私を必要としてくれるのか」

心は女性でありながら男性としてこの世に生をうけたはるな愛さん。性の不一致が最大の悩みであり、コンプレックス。自分の中で一番認めたくないその事実に、物心ついた頃から苦しんできた。思春期を迎える頃には、未来を思い描くことができなくなっていたという。

「何のために生まれてきたのか、誰が私を必要としてくれるのか、子どもの頃から心の中でその問いかけばかりしていました。心のままに自分らしく生きるのか、それとも親を安心させるため自分を押し殺して生きるのか、その二択に悩みましたね」

さらに中学生になると、壮絶ないじめに遭うようになり、はるなさんを「生きる」か「死ぬ」かにまで追い詰めた。実際にギリギリのところまで行ったこともある。悩み続けていた頃、知人から「賢ちゃん(はるなさんの本名は大西賢示)と同じような人がいるから行こう」と誘われたのが、大阪にあるニューハーフのショーパブだった。

「ニューハーフっていうと、男の人だというイメージがすごく強かったので、女の子になりたいと思っている私とは違うと思ったんです。でもまずは行ってみようと思って」

大阪で過ごした幼少期

1972年、大阪府に生まれたはるなさん。子どもの頃から「女の子になりたい」と思っていたものの、両親には自分の気持ちをずっと隠したまま過ごしていた。

壮絶ないじめに苦しんだ中学時代

中学時代はつらいいじめに遭っていた。「生きるか死ぬか」、ギリギリの精神状態にまで追い込まれていた時期も。

この記事の執筆者

PICK UP 編集部ピックアップ