私らしく生きる 50代からのマチュア世代に

人気記事ランキング 連載・特集

中村雅俊さん「芸能生活50年。人に恵まれ、作品に恵まれ、今日までやってこられました」

公開日

更新日

ゆうゆう編集部

長髪、下駄ばき、ラッパズボン。自由な風をまとった中村雅俊さんがお茶の間に登場してから、今年で早くも50年。デビュー当時から変わらず、俳優、歌手として活躍を続ける中村さんに、これまでと、これからの思いを伺いました。

\\あなたの声をお待ちしております// 
↓↓をクリックしてアンケートへ
【読者アンケート実施中!】ハマっていることも、お悩みごとも、大募集!!

PROFILE
中村雅俊さん・俳優、歌手

なかむら・まさとし●1951年、宮城県生まれ。
74年にドラマ「われら青春!」で主役デビュー。同作の挿入歌「ふれあい」で歌手としても活動を開始。以降、俳優、歌手として活躍中。
現在、ドラマ「フクロウと呼ばれた男」がディズニープラスにて独占配信中。
5月29日には、ベストアルバム『SONGS~Masatoshi Nakamura 50th Anniversary All Time Best~』を発売。
7月5日からは「中村雅俊Billboard Live 2024 〜REUNION〜」を開催。

毎日が精いっぱい。必死すぎてくじけるヒマもないくらい

「特別な経験だったからかな。あの頃のことはよく覚えているんですよ」

そう言って、トレードマークのやさしげな目を細めて笑う中村雅俊さん。思いをはせる「あの頃」とは、ドラマ「われら青春!」で鮮烈なデビューを飾った当時のこと。

「大学3年の終わりに文学座の入所試験を受けて、4年生の12月にはドラマ『われら青春!』への出演が決まって。翌年4月にドラマの放送が始まったと思ったら、7月にはシングル『ふれあい』が発売されたんですよね。わずか2年ほどの間にこれだけのことが起こるなんて、あまりにラッキーすぎると思いませんか(笑)。普通に考えたらプレッシャーに負けてしまうくらいの重責だけど、当時の俺は目の前のことに必死で。毎日が精いっぱいでしたね」

当時は口の悪いスタッフも多く、「それはもう、ずいぶん怒られましたよ」と苦笑い。

「だけどくじけたことはなかったなぁ。くじけるヒマもなかったというか。口は悪いけど、スタッフさんたちも実はやさしくてね。酔うと言ってくれるんですよ。みんなに役名で呼ばれていたんだけど、『俊は芝居も下手で、歌もそんなにだけど、みんなでスターにしてやろうぜ』って。その言葉を聞くたびにジーンときてね。何をどう頑張ればいいかはわからないけれど、とにかく頑張らなきゃって。そんな気持ちにさせてくれる人たちが、俺のまわりにはいつもいてくれたんです」

厳しくもあたたかなスタッフに囲まれ、俳優としての第一歩を踏み出した中村さんだが、なかでも出会いに感謝している人が。

「プロデューサーの岡田晋吉さんは、俺を見つけてくれた人。そして脚本家の鎌田敏夫さんは、俺のキャラクターをつくってくれた人。俺を見つけ、育ててくれたお二人への感謝の気持ちはずっと胸にありますね。あらためて振り返ってみると、人との出会い、作品との出会いに恵まれてここまでやってこられたんだなと思います」

当時の記憶とともによみがえったのか、こんな思い出話も飛び出した。

「『われら青春!』の第1話の試写を見て、びっくりしましたよ。『俺の目、こんなにたれてたっけ⁉』って。本当に驚くくらい下がってたなぁ。ドラマの撮影では、被写体に光を当てるレフ板というものを使うんだけど、当時のものは、ものすごくまぶしくてね。そのせいだと俺は思っています(笑)」

そう話す中村さんの目は……? たくさんの人に愛される、あのまなざしがそこにはあった。

この記事の執筆者

PICK UP 編集部ピックアップ