私らしく生きる 50代からのマチュア世代に

人気記事ランキング 連載・特集

このスタイルで今年79歳!?ジーンズをすらりとはきこなす元ミス日本の谷玉恵さんが実践するストレッチ

公開日

更新日

マチュアリスト編集部

お尻アップ体操を考案した谷玉惠さんは、今年79歳になります。スキニーパンツをかっこよくはきこなし、背すじが伸びた美しい姿勢。はつらつとされている秘密はどこに? マチュア世代におすすめのストレッチや筋トレを5回にわたり教えていただきました。第1回は太もも前面のストレッチです。

PROFILE
谷 玉惠さん
(たに・たまえ)
1945年東京都生まれ。19歳のとき、ミス・インターナショナル日本代表に選ばれる。1985年東京・青山にTAMAE・ヘルス&ビューティ研究所を開業。骨盤のゆがみを改善する整体・鍼・ダイエット体操等の指導を行う。2016年、古希を機に教室を閉じ、現在は、フリーランスの鍼灸治療家、健康運動指導士として執筆、講演、訪問治療等に、幅広く活躍。

「何もしないと筋肉はどんどん縮まりますよ」

スリムジーンズをすらりとはきこなして颯爽とあらわれたのは、今年79歳になる谷玉惠さんです。
20代のころの体型をいまもキープしていらっしゃるというのは驚きです!

インタビューの間も、すーっと立ち上がって資料をとってきたり、さっとストレッチを見せてくださったりと、美しく軽やかな身のこなしです。フットワークがよいのは、週3回、スポーツジムに通っていらっしゃるからでしょうか。

「そうかもしれませんね。筋トレは続けていますよ。やらなきゃどんどん落ちるんだから。ほうっておいたら筋肉は落ちます。それを絶対忘れてはいけませんね」

一般的に、筋肉量は25歳がピークといいいます。
「そのあとは落ちる一方。筋肉は落ちて脂肪は増えていきます。だから、マチュア世代の人は現状維持を目標にするといいですね。筋トレは何歳から始めても、遅いということはありませんから」

そこで今回は、ふだんあまり体を動かさない人におすすめを教えてもらいました。
運動が苦手な人がまず始めたいのは「ストレッチ」です。

「歳をとるとあちこちに痛みが出てくるでしょう。それは、歳をとると筋肉が萎縮してくるから。筋肉はなにもしないと縮まる特性があるの。だから本当はそれに逆らわなきゃいけないのに、みんな甘んじて言いなりになってしまっている」

ストレッチも筋トレも何もしないと、筋肉はどんどん縮まります。可動域が狭くなって痛くなったり不自由になったりするのを放置しないで、逆らってみましょう。歳とともに縮む筋肉をストレッチで伸ばします。

「ストレッチはいろんな種類があるけど、1回で効かすものを考えてみました」
と、教えてくださったのが、太ももの前面を伸ばすストレッチです。
太ももの前側にある、人の体で最も大きい筋肉が大腿四頭筋。大腿四頭筋を伸ばしていきます。

この記事の執筆者

PICK UP 編集部ピックアップ