私らしく生きる 50代からのマチュア世代に

人気記事ランキング 連載・特集

【初夏の快適インテリア】園芸研究家・吉谷桂子さんの暑さを避けながら植物とともに暮らすお宅を拝見!

公開日

更新日

ゆうゆう編集部

長年、ガーデンデザイナーとして植物と共生してきた吉谷桂子さんですが、昨今の猛暑にはお手上げ、と話します。そんな吉谷さんの、白いレースカーテンやオーニングで暑さをよけながら、自然ととともに暮らすご自宅を見せていただきました。

↓↓吉谷桂子さんの寄せ植えはこちら吉谷桂子さんの寄せ植え&インテリアグリーン

お話を伺ったのは
園芸研究家、ガーデンデザイナー
吉谷桂子さん

よしや・けいこ●1956年、東京都生まれ。
プロダクトデザイナー、広告美術ディレクターを経て渡英。ガーデニングを学び、帰国後は約7年間の英国暮らしの経験を生かしたガーデンライフの楽しみ方を提案。
テレビや雑誌などで活躍する他、はままつフラワーパークなど各地の庭園やフラワーショーを手がける。
『花の楽しみ 育て方飾り方』(主婦の友社)など著書多数。

イギリスで学んだ素敵な家づくりを真似て

自分でデザインしたカーテンは ウィリアム・モリスへのオマージュ

高い天井に大きな窓。その先には緑あふれるガーデンテラスが広がる。吉谷桂子さんの自宅のリビングは、家の中にいながら光と風を感じられる開放的で心地いい空間。

「30年以上前、渡英したときに住んでいた家の高い天井を参考に、この家をつくりました。暑い空気は上に行くので、天井は高いほうが夏を涼しく過ごせます。他にもイギリス人の素敵な家づくりのコツを学んだので、それを自分たちの暮らしに取り入れています」

インテリアの一つ一つにも英国流のこだわりが詰まっている。

「たとえばカーテン。イギリス人は部屋に合うかどうか、非常に時間をかけて選びます。私もそれにならい、ずっとこれを見て暮らしたいか、新築から1年以上悩みました。でも、それが今も心地いい暮らしにつながっていると思います」

初夏に向けて新たにリビングのインテリアに加えたのが、白いレースのカーテン。日差しを和らげ、窓辺を涼しげに演出してくれる。

「家の中と外を完全に分けるのではなく、半分見え隠れさせながら光を感じるようにしたい。それにはレースのカーテンがいいなと思って。自分で『花の森の木漏れ日レース』のカーテンをデザインしました」

リビングの窓には自らデザインした「花の森の木漏れ日レース」のカーテンを。「19世紀イギリスのデザイナー、ウィリアム・モリスの哲学に共感を覚え、彼へのオマージュとしてビオラとデイジーの柄を」。このカーテンはディノスで販売中(☎0120-337-337)。

リビングやガーデンは南向きで明るい分、午後には強い西日が当たる。そこで夏に欠かせないのがオーニング(日除け)だ。

「19年前に家を建てる際、南側のファサードにオーニングを取りつけられるように設計してもらいました。多くの植物にとっても夏の太陽は厳しすぎるので、これをつけて日差しを遮るようにしています」

「日陰が欲しい夏はオーニングが活躍」。南向きの壁や庭の植物も守れる。

長年、ガーデンデザイナーとして植物と共生してきた吉谷さんでさえ、昨夏の猛暑にはお手上げ。だからこそ、持続可能な庭を模索する。

「日差しや乾燥に強い植物を選ぶなど、『ライトプレイス、ライトプラント=適地適草』で楽しむことも大切。暑くても元気に育つ植物があると、エネルギーをもらえますから」

多肉植物のハイロテレフィウム。「バラのような見た目がかわいいし、暑さにも強いです」

この記事の執筆者

PICK UP 編集部ピックアップ