私らしく生きる 50代からのマチュア世代に

人気記事ランキング 連載・特集

スマホのタッチパネル画面にも使える!クールなシャープペンシル「ロットリング800+」とは?

公開日

更新日

小日向 京

子どものころ、お気に入りの消しゴムやをえんぴつを、かわいい筆箱に入れて持っていたマチュア世代のみなさんも多いことでしょう。文字と文房具に並々ならぬ関心と愛情をもつ、文具ライターの小日向 京さんに、スマホのタッチパネル画面にも使えるシャープペンシルを紹介いただきました。

スマホのタッチパネル画面にも使える!クールなシャープペンシル「ロットリング800+」とは?

ロットリング800+ 0.7mm全景

画像ギャラリー

\\あなたの声をお待ちしております// 
↓↓をクリックしてアンケートへ
【読者アンケート実施中!】ハマっていることも、お悩みごとも、大募集!!

昨今、中学・高校生を中心に爆発的な人気を得ているのが「シャーペン」ことシャープペンシルです。

筆者が小学生だったはるか昔でも「高学年になるまでは鉛筆を使わなければならない」とされて、皆が早く教室で手にしたいと切望していたのがシャープペンシル。当時はシャープペンシルといえば0.5mm芯が主流で、細い芯は罫の狭いノートへ画数の多い漢字を書くのにも具合が良く、またノック式でカチカチと芯を繰り出すメカニカルな動作は「勉強ができる」という印象が際立っていました。

あれから50年近く経って、シャープペンシル熱はますます加速。現代の中高生たちは木軸を究めたりなどひときわ高額なものも各種使っているといい、勉学への情熱(か文具熱か)はとどまるところを知りません。

そんなシャープペンシル界のなかで長年不動の人気を誇っているのが、今回紹介する「ロットリング(rotring)」です。

ロットリングは1928年にドイツで設立された、製図用筆記具で定評のあるメーカーです。特にパイプ状のペン先をしたインクペンには定評があり、一定の細いインク線が正確に引けることから製図に、作画にと絶大な信頼を得ています。

ロットリングが展開するシャープペンシルの軸はプラスチック製の軽いものから金属製の重いものまで多種あり、なかでも金属軸の「600」は愛用者多数。

その600とほぼ同サイズで、持ち運び時には芯先のパイプを軸内に格納できるモデルが「800」で、さらに800のパイプ格納時にスマートフォンやタブレットのタッチパネル画面に使えるスタイラスペンの機能を加えたのが、写真の「800+(プラス)」です。

芯先のパイプを格納したところ

こちらが800+のパイプ芯を格納したところです。ノック部がある軸上部のリングをひねってパイプ芯を格納←→繰り出しします。
800+の大きな特徴がこの、パイプ収納後のペン先です。この先端がシリコン素材でスタイラスになるという優れもの。

パイプ芯格納時の先端シリコン部分

PICK UP 編集部ピックアップ