私らしく生きる 50代からのマチュア世代に

人気記事ランキング 連載・特集

松本明子さんの人生を変えた【腸活】その実践法を公開! 毎朝必ず飲むものとは?[後編]

公開日

更新日

ゆうゆう編集部

40年来の便秘で体も心もどんよりしていた松本明子さんは、腸活を始めたことで人生が激変! 「面倒くさがりで、お金のかかることが大嫌い」な性分でも続けられる、毎日の習慣を教えてもらいました。

【↓↓前編はこちら】
松本明子さん「お通じは10日に1回でした」筋金入りの便秘を解消した秘訣とは? 30代よりもキレイな今の写真も公開!

お話を伺ったのは
タレント 松本明子さん

まつもと・あきこ●1966年、香川県生まれ。
82年「スター誕生!」チャンピオン大会に合格し、83年に歌手デビュー。バラエティ番組「DAISUKI!」「進め! 電波少年」などで人気を確立する。
著書に『腸をキレイにしたらたった3週間で体の不調がみるみる改善されて40年来の便秘にサヨナラできました!』(アスコム)など。

無理せず続けられる松本流「腸活」

目覚めたらゆっくりストレッチと水1杯の一気飲み

急激な血圧の上昇を防ぐため、目が覚めてもすぐには起き上がらず、布団の中でストレッチ。

「耳をもんだり引っ張ったりしてマッサージ。それから膝の後ろをグリグリ刺激、お尻を上げ下げ、軽い腹筋などやストレッチをします」

体が目覚めたら起きて、コップ1杯の水を飲む。

「ゴクゴク一気に飲むと、腸の活動スイッチが入るのだとか。『腸はルーティン好き』と聞いたので、これを毎朝の習慣にしています」

朝食は生野菜をたっぷりと。納豆、キムチ、ヨーグルトも◎

「もともと野菜は大好き。朝は生野菜を食べることが多いですね。それもけっこう大量に」

その日の気分に合わせて納豆をプラスしたり、果物にヨーグルトをかけて食べたり。

「便秘外来で受診した際、小林弘幸先生からおすすめされたのが納豆、キムチ、ヨーグルトの発酵食品3点セット。『全部を毎食じゃなくていいから、気が向いたら食べてください』、そして『発酵食品と仲よくなって』と言われました。食物繊維たっぷりの野菜や果物と一緒に食べれば、善玉菌のエサとなって『快腸』に!」

松本さんの定番朝食。アボカドサラダ、フルーツヨーグルト、みそ汁、目玉焼きなど、腸が喜ぶ食材がいっぱい。

飯島直子さんからもらった、飯島さんお気に入りの納豆。

「粒が小さくて食べやすい。おいしいのでご飯に2パックをのせて食べました。ねぎもたっぷりと」

この記事の執筆者

PICK UP 編集部ピックアップ