私らしく生きる 50代からのマチュア世代に

人気記事ランキング 連載・特集

重度知的障がいの息子と暮らす多良久美子さん・81歳「困難を丸ごと受け止めたら勇気と元気が湧いてきました」

公開日

更新日

ゆうゆう編集部

北九州の郊外で、85歳の夫と障がいのある56歳の息子と暮らす多良久美子さん。8年前に娘を失い、頼れる実子や孫はいません。それでも「今が一番幸せ」と言える、その訳とは?

\\あなたの声をお待ちしております//
↓↓をクリックしてアンケートへ
【読者アンケート実施中!】ハマっていることも、お悩みごとも、大募集!!

お話を伺ったのは
多良久美子さん

たら・くみこ●1942年長崎県に8人きょうだいの末っ子として生まれる。1男1女の母となるが、長男は4歳で重度知的障がいに、長女は46歳で早逝する。ベストセラーになった『87歳、古い団地で愉しむひとりの暮らし』の著者・多良美智子さんはすぐ上の姉。

『80歳。いよいよこれから私の人生』
1540円/すばる舎

「やるべきことはもうやった。あとは一日一日を大いに楽しむのみ」。そんな多良さんの人生と、日々の生活が丁寧につづられた本。ユーチューバーとしても活躍する姉・多良美智子さんとの対談も巻末に収録されている。

人生の選択の場面では少しだけ難しいほうを選ぶ

「80代になって本を出すことになるなんて、人生何が起こるかわからないものですね。ここまでの経験を包み隠さず書きましたので、私はもう丸裸みたいなもんですよ」

そう言ってコロコロと笑う多良久美子さん。昨年末『80歳。いよいよこれから私の人生』を上梓し、その反響の大きさに驚いたと話す。

「同世代で『要介護3で車椅子生活です』という方や『半身まひになってしまった』という方、いろいろな方からご連絡をいただきました。誰の人生もみんな山あり谷あり、私だけが何か特別苦労しているなんて思ったことはありません」

それでも、多良さんの81年の人生は平坦ではない。1942年に長崎で生まれた多良さんは、2歳のとき被爆し、母は翌年がんで亡くなった。高校生のときには父の会社が倒産。大きな家を引き払って狭いアパートに引っ越し、大学進学も諦めた。

「忘れられないのは、家中に差し押さえの赤札が貼られたことですね。ちょうど遊びに来た友達に見られて、恥ずかしかったです」

思い返すとこのときの経験こそ、「人生には何が起こるかわからない」という最初の学びだった。

「父は私が19歳のときに亡くなりました。無口な人だったのですが、中学生のときにこう言われたんです。『今後、進路などで迷うことがあると思うけれど、選択の場面がきたら、ちょっとだけ難しいほうを選びなさい』って。難しすぎると挫折する、簡単な道では成長できない、そういう意味だったのだと思います」

この言葉は、その後の人生の中で何度も何度もよみがえり、進むべき先を照らしてくれることになる。

8人きょうだいの末っ子に生まれました

3歳で母を亡くし、一番上の兄は戦死。残り7人は全部女性で、私のすぐ上の姉・多良美智子とは8歳違い。年の離れた姉たちが親代わりでした。

この記事の執筆者

PICK UP 編集部ピックアップ