私らしく生きる 50代からのマチュア世代に

人気記事ランキング 連載・特集

たるみとほうれい線を解消!小鼻のわきのほぐし方とは?筋膜リフト美顔セルフケア

公開日

更新日

佐藤由美子

「人はいつからでも、何歳からでも変われます」という、励まされる言葉! 美容家の佐藤由美子さんに教わる「筋膜リフト美顔セルフケア」の第3回は、上顎骨(じょうがくこつ)から頬骨(きょうこつ)のほぐし方をご紹介しましょう。筋膜セルフケアの基本、「ずり圧」はなぜ効くのか、後半で解説を加えます。

★胸鎖乳突筋のほぐし方★
確実に顔が変わる「カギ」になるのは?セルフケアでほぐす場所を、佐藤由美子さんが伝授

上顎骨〜頬骨のきわをほぐす

上顎骨〜頬骨のきわをほぐしていきましょう。2〜3日に1回のペースでOKです。
ケアにはフェイス用オイルを使ってください。

ちなみに、「胸鎖乳突筋」と「デコルテ」は毎日ほぐしてください。

それでは、上顎骨〜頬骨のきわをほぐしていきます。

上顎骨のきわに人さし指を当てる

両手の人さし指を、小鼻のわきに指先が当たるようにおきます。

ココを使います! 人さし指の側面、親指側を顔に当てます。

CHECK
「上顎骨~頬骨のきわ」っていったいどこですか!?
上顎骨の頬骨突起から、頬骨のきわにかけてです。さわるとわかります。

STEP_1 ずり圧をかける

上顎骨のきわに人さし指全体を当てて、ずり圧を5 回かけます。

STEP_2 外側に移動してずり圧をかける

さらに人さし指を両端の頬骨のほうにずらし、頬骨のきわに5回、ずり圧をかけます。

セルフケア前におさえておきたい

Q なぜずり圧で筋膜がほぐれるの?

A 圧力と熱を加えることで、筋膜の細胞に水分が戻ります。

筋膜には水分やヒアルロン酸などのうるおい成分が含まれていますが、筋肉の使いすぎや使わなさすぎ、加齢など、さまざまな原因によってうるおいを失い、かたくなります。

このうるおいを戻すために効果的なのが「ずり圧」です。圧と熱を加えることで、筋膜に水分が戻り、筋膜の状態がよくなります。道具ではなく指を使いましょう。



※この記事は『一生、進化する 筋膜リフト美顔』佐藤由美子著(主婦の友社)の内容をWEB掲載のため再編集しています。

※2023年4月22日に配信した記事を再編集しています。

★あわせて読みたい★

10年前よりキレイになれる!たるみを解消するデコルテのほぐし方とは?佐藤由美子さんが伝授 確実に顔が変わる「カギ」になるのは?セルフケアでほぐす場所を、佐藤由美子さんが伝授 顔が引き締まる、印象を変えられる。ヘアメイク、スタイリスト、3人のマチュア世代がお手本!大人のおしゃれめがねスタイル

一生、進化する 筋膜リフト美顔

佐藤由美子著
主婦の友社刊

50代とは思えない美しさで“奇跡の53歳”と話題の、美容家、顔筋膜リフト・セルフケアトレーナー佐藤由美子さん。
「マスク生活によるたるみが改善した」「一回で小顔になった!」「フェイスラインがキュッと引き締まった」「美容医療のリフトアップより効いた」など1日10分、家で自分でできる顔筋膜セルフケアだけで、整形以上の効果をもたらすと評判のオンラインレッスンが熱烈な支持を受けています。
「顔のセルフケアを毎日積み重ねることで、顔が変わり、自信につながった」という40~50代の体験者の声も多数収録。あなたも顔を変えて、人生を変えてみませんか。

※「詳細はこちら」よりAmazonサイトに移動します(PR)

詳細はこちら

PICK UP 編集部ピックアップ