私らしく生きる 50代からのマチュア世代に

人気記事ランキング 連載・特集

今年79歳!奇跡のスキニー姿を大公開・元ミス日本の谷 玉惠さんおすすめの筋トレ方法は?

公開日

更新日

マチュアリスト編集部

お尻アップ体操を考案した谷玉惠さんは、今年79歳になります。スキニーパンツをかっこよくはきこなし、背すじが伸びた美しい姿勢。はつらつとされている秘密はどこに? マチュア世代におすすめのストレッチや筋トレを5回にわたり教えていただく、第2回は太ももとお尻まわりを鍛えます。

★第1回はこちら★

このスタイルで今年79歳!?ジーンズをすらりとはきこなす元ミス日本の谷玉恵さんが実践するストレッチ

PROFILE
谷 玉惠さん
(たに・たまえ)
1945年東京都生まれ。19歳のとき、ミス・インターナショナル日本代表に選ばれる。1985年東京・青山にTAMAE・ヘルス&ビューティ研究所を開業。骨盤のゆがみを改善する整体・鍼・ダイエット体操等の指導を行う。2016年、古希を機に教室を閉じ、現在は、フリーランスの鍼灸治療家、健康運動指導士として執筆、講演、訪問治療等に、幅広く活躍。

「歳だからできません」ってことは、ないですね

筋肉量は25歳ごろにピークを迎えます。一方で、筋トレは何歳から始めても、遅いということはないといわれます。

谷玉惠さんが20歳のころの体型をキープしているのは、体を動かしたり、筋トレをするのを継続していることが大きいのでしょう。現在は週3回、ほぼ1日おきで、スポーツジムにご主人といっしょに通い、筋トレを行っています。

今日は行くのがめんどう、ということはないのでしょうか?
「あるある。毎日出歩いて疲れて、今日は行きたくないね、とか、ありますよ。でもね、行くんです。とりあえず行くと、やっぱり楽しい。だから雨の日でも休まないで行きますね」

筋トレで汗を流したとは、ジャグジーのお風呂に入れるのも楽しみです。
そして谷さんはジムとは別に、週1回、タヒチアンダンスの教室にも通っています。

「年を重ねると、腰まわりがかたくなってくるんですよ。骨盤まわりの関節や筋肉をゆるめるためにはどうしたらいいか、と考えて始めたのがタヒチアン。ハワイのフラダンスに比べて、腰のフリが激しくスピーディーです」

毎年、教室の生徒さんたちで行う発表会があり、5月の連休にその舞台を終えたばかり。
「私は教室のなかで最高齢の生徒なので、『玉ちゃん、お願い』なんて声をかけられて、町の長役をやったり、みんなが登場する前にひとりで舞台に出てパフォーマンスをしたり……、いろいろ役をふられたりして(笑)。楽しいですよ、とっても」

タヒチアンダンスの舞台衣装にて。姿勢もスタイルもすてきです!

タヒチアンの毎週のレッスンでは、前半にストレッチと筋トレをたっぷり行うそうです。
「スクワットをやったり、大腿四頭筋を鍛えたり、みんなでいっしょにストレッチや筋トレを30分くらいかけてするんですけど、けっこうきつそうにしている方もいるわね。私はみんなと同等にできる。歳だからできませんってことはないですね」

それは普段から筋トレを続けているからに違いありません。
今回は、初心者向けに、太ももとお尻まわりの筋肉をトータルに鍛えていく筋トレを教えてもらいました。

この記事の執筆者

PICK UP 編集部ピックアップ