私らしく生きる 50代からのマチュア世代に

人気記事ランキング 連載・特集

気づかないうちに【おばさん臭】を発しているかも!? そのチェック方法とは?

公開日

更新日

ゆうゆう編集部

かつて「加齢臭」といえば、スーツを着たおじさまたちのものとされていました。ですが、実はマチュア世代の女性たちも無縁ではないことをご存じですか? 汗ばむこの季節、「おばさん臭」の正体を知って、賢くケアを始めましょう!

お話を伺ったのは
関根嘉香さん・東海大学理学部化学科教授

せきね・よしか●1966年生まれ。慶應義塾大学大学院理工学研究科修了、理学博士。
日立化成工業勤務を経て、2000年に東海大学へ、11年から現職。大気環境やシックハウス症候群の予防・改善に関する研究を通して、人体の皮膚から発せられる生体ガスに着目。現在は主に、その分析と情報伝達機能に関する研究に従事。

関根嘉香さんの最新刊『皮膚ガスのはなし 体臭は心と体のメッセージ』朝倉書店 2750円

加齢臭の原因は「皮脂」。肌を清潔に保ち、上手におつき合いを!

起き抜けの寝室や、脱いだばかりの自分の衣類から、古本のようなニオイを感じたことはないだろうか? それこそが加齢に伴って発生する皮膚ガス、いわゆる「加齢臭」と呼ばれるものである。東海大学教授の関根嘉香さんによると、この独特のニオイは、性別を問わず、ある一定の年齢を超えると発生するようになるのだという。

「『加齢臭』の正体は、ノネナールという物質。個人差はありますが、男性は35歳くらいから、女性は40歳くらいから発生するようになり、50代に入ってからニオイを実感する方が多いようです。そもそもノネナールは、皮脂の中のパルミトオレイン酸という成分が酸化したもの。皮脂の分泌量自体は加齢とともに減少するのですが、なぜかパルミトオレイン酸の量は年とともに増加し、さらに酸化を促す活性酸素も年齢を重ねるにつれ増えるため、ノネナールの生成量が増えるというわけです。

ですから、下のグラフのとおり、年齢が高くなるほど、加齢臭は強くなっていきます。ちなみに『加齢臭と更年期は関係がある』と思われがちですが、直接の因果関係はありません。ただ、ホットフラッシュなどで汗の量が増え、ニオイを強くしてしまうこともあるので、汗をかいたら早めにふき取るなどのこまめなケアをするとよいでしょう」(関根さん)

年代別のノネナール分泌量

ニオイのもととなる「ノネナール」は、女性の場合40歳頃から分泌が始まり、右肩上がりで増加する。(関根さん提供)

この記事の執筆者

PICK UP 編集部ピックアップ