私らしく生きる 50代からのマチュア世代に

人気記事ランキング 連載・特集

【大人のひとり暮らし】人気ブロガーcoyukiさんのすっきり快適なワンルーム住まいとは?[前編]

公開日

更新日

ゆうゆう編集部

子どもの独立、自分や夫の定年退職など、家族の変化に合わせて暮らしも変わります。その変化を柔軟に受け入れ、「自分サイズ」で暮らせるようになれば、毎日はもっと快適になるはず。人生のステージに合わせてサイズチェンジし、心地よく暮らしている整理収納アドバイザー&人気ブロガーのcoyukiさんにお話を伺いました。

PROFILE
coyukiさん・整理収納アドバイザー

こゆき●1970年、愛媛県生まれ。
40歳で始めたブログ「Little Home」でのインテリアや収納術が注目を集め、人気ブロガーに。
現在は事務職のかたわら整理収納アドバイザーとしても活動中。
著書に『ラクに、すっきり、自分らしく 大人の小さなひとり暮らし』(主婦の友社)など。

人生初のひとり暮らし。選んだのはワンルーム

人気ブロガーにして整理収納アドバイザーでもあるcoyukiさんは、33歳のときに離婚してシングルマザーに。以来、娘と2人でマンション暮らしをしてきた。

「それが約6年前、娘がひとり暮らしをすることに。同時に私も47歳にして人生初のひとり暮らしを始めることになりました」

当時住んでいたのは2LDKの賃貸マンション。ひとりでは掃除の手間も家賃ももったいないと思い、新築のワンルームへと引っ越した。

「引っ越しまでの間に、本当にワンルームで生活できるのかをシミュレーション。リビングにベッドを置いて、『ワンルームごっこ』をしてみました。いろいろ試した結果、ベッドはやめてマットレスにすることに。寝るときだけ出して、普段はクローゼットにしまおうと思いついたので、クローゼットで使っていた収納ケースを9個手放しました」

居住スペースやモノを減らしたことで、暮らしはぐっと快適に。

「ワンルームなので小回りがきき、動線がよくなりました。家賃が安くなったし、ひとりになったことで光熱費や食費もダウンし、家計もラクに。掃除の大変さからも解放され、ストレスがなくなりました」

インスタグラムにはすっきりと片づいた部屋の写真がずらり。

「すっきり感のコツは、なるべく床面積を広く見せること。そのためにも収納家具を減らし、どうしても置かなければいけない家具は背の低いものを選ぶようにしています。また、モノを飾る場所を決めて、何もない壁面を残しておくだけでも、すっきり見えるような気がします」

この記事の執筆者

PICK UP 編集部ピックアップ