私らしく生きる 50代からのマチュア世代に

人気記事ランキング 連載・特集

【大人のひとり暮らし】ワンルーム住まいにちょうどいいモノの量とは? 人気ブロガーcoyukiさんの実例[後編]

公開日

更新日

ゆうゆう編集部

ワンルームの小さな住まいでラクに自分らしく、ひとり暮らしを楽しんでいる整理収納アドバイザーであり人気ブロガーのcoyukiさん。ちょうどいいモノの量、整理収納のテクニック、居心地のいい部屋づくりの秘訣などを写真とともにご紹介します。

↓↓前編はこちら。【大人のひとり暮らし】人気ブロガーcoyukiさんのすっきり快適なワンルーム住まいとは?[前編]

PROFILE
coyukiさん・整理収納アドバイザー

こゆき●1970年、愛媛県生まれ。
40歳で始めたブログ「Little Home」でのインテリアや収納術が注目を集め、人気ブロガーに。
現在は事務職のかたわら整理収納アドバイザーとしても活動中。
著書に『ラクに、すっきり、自分らしく 大人の小さなひとり暮らし』(主婦の友社)など。

ひとり暮らし用の数やサイズにこだわり【キッチン】

あれこれ試して自分が使いやすい配置に

鍋やフライパン、ボウルなどはシンク下に、食器は背面の収納庫にしまってすっきり。一方で、菜箸などのキッチンツールや砂糖などの調味料は出しっぱなしに。

「見えるところに何も置かないシンプルなキッチンが理想ですが、それを維持するためには片づけの手間がかかるし、現実的に難しい。キッチンツールを出したり、しまったり、置き場所を変えたりと、いろいろな収納方法を試しましたが、今は『立てて置く』配置に落ち着きました。出しておくならなるべく見ばえよく、気分が上がるものを置きたいので、キッチンツールを立てるスタンドや調味料を入れるスパイスジャーなどはこだわって選んでいます」

流しの上にマグネット式の棚を取りつけ、砂糖や塩などを並べて収納。

Seria(セリア)で買った保存容器に食材を入れてひとり分を冷凍。「立てて収納すれば見やすく、管理もしやすい」

ケースの中をシリコンカップで仕切り、カットしたねぎなどを冷凍。

キッチンの背面にある収納を食器棚に。「食器はここに入る分だけと決めて」

ミトンは小さいが、「鍋の端を持ったり蓋を取ったりするくらいなのでこれで十分」。

食器棚の下段には、缶詰や水など重いストック品を。

この記事の執筆者

PICK UP 編集部ピックアップ