私らしく生きる 50代からのマチュア世代に

人気記事ランキング 連載・特集

【スリコ】の耐熱調理袋。湯煎調理やレンチンに重宝!災害時の備えにストックも

公開日

更新日

Office Boulot-dodo

300円商品が基本の買いやすい価格帯なのに、こだわりのあるおしゃれなアイテムや便利グッズが揃うスリーコインズ、略してスリコ。数ある家事をラクにしてくれるアイテムの中で、今回は調理カテゴリをピックアップ。湯煎調理や食材の冷凍保存ができる耐熱調理袋/KITINTOを使ってみました。

【スリコ】の耐熱調理袋。湯煎調理やレンチンに重宝!災害時の備えにストックも

耐熱調理袋 /スリーコインズ(300円・税別)

画像ギャラリー

★スリコの防災グッズ★

【スリコ】の防災グッズ。懐中電灯としても使える、置いても吊り下げてもよいインテリアライト

湯煎に使える耐熱調理袋、スリコにもありました!

10年ちょっと前でしょうか、鶏胸肉で作る鶏ハムが流行ったことがありましたよね。

色々なレシピがありましたが、簡単そうでいいなと思うけれど、ポリ袋での調理と聞くと、当時は何かと不安になっていたものですが、そういった湯煎などに使う袋はふつうのビニール袋ではなく、今回の商品名でもある「耐熱調理袋」という、熱耐性を備えたものを使うという前提だったんですね。

それを知って、ちょこちょこ探してはいたものの、あまり近所で売られているのを見たことがありませんでした。
が、今回この便利な袋をスリコで発見!

湯煎調理のレシピも載っているパッケージにつられて、購入してきました。

切れ目は袋にあるラインの1cmほど下の部分に。さっとカットできて、袋の口もすぐに開きます。

湯煎には耐熱皿かアルミホイルを、レンチンには耐熱皿を敷く

パッケージはラップやアルミホイルよりは少し太めですが、この中にロール状に巻かれた耐熱調理袋が65枚入っています。耐熱温度は約110℃。

使用法をよく見ると、湯煎の場合は、鍋底に袋が直接触れるのを防ぐため、耐熱皿かアルミホイルを敷くよう指示がありました。

湯煎の際は鍋底に耐熱皿かアルミホイルを敷きます。袋が鍋底の熱い部分に直接触れるのを防ぐためです。

電子レンジの場合は、調理目的には使用せず、解凍目的のみということです。袋から食材が溢れることがあるため、袋の下に必ず耐熱皿を敷くようにとのこと。

冷凍界隈もなかなかに便利です。
ゆでたブロッコリーなど、この袋に入れて冷凍庫で保存すれば、食卓へ出す直前に袋のままチンするだけでOKです。

レンチンするときの注意点。袋の口を絶対に結ばないでください。袋が破裂する恐れがあります。また、下に耐熱皿を敷くのをお忘れなく!

PICK UP 編集部ピックアップ