私らしく生きる 50代からのマチュア世代に

人気記事ランキング 連載・特集

料理レシピ本大賞<料理部門>にて入賞!笠原将弘さんの鶏むねレシピから、旨みたっぷり「鶏むねのみそ漬け」。

公開日

更新日

笠原将弘

日本料理店「賛否両論」の店主、笠原将弘さんが2022年11月に出版した『和食屋がこっそり教えるずるいほどに旨い鶏むねおかず』(主婦の友社刊)は、「第10回 料理レシピ本大賞」の<料理部門>に入賞しました。こちらの書籍より、笠原さんの極上のレシピをご紹介します。
鶏むね肉は、みそ床に漬けるだけでコクが加わって旨みが増します。鶏むねの価値を最大限に引き出す手法をお伝えします。

★前回はこちら★

料理レシピ本大賞<料理部門>にて入賞!笠原将弘さんの鶏むねレシピから絶品「鶏天」を紹介

古くは食材の日もちをよくするために始まったみそ漬け。みそ床に漬けることでコクが加わって旨みが増すという利点があり、余分な水分も抜けて食感にハリが出ます。

漬ける日数が長くなると味が濃くなるので、2日目までは焼いて楽しみ、3日目以降はいため物に使うのがおすすめです。みそ床はもう1回使えますが、漬ける時間を少し長めにするとよいでしょう。

鶏むねのみそ漬け

材料・作りやすい分量

鶏むね肉……3枚(約900g)
Aみそ……100g
A酒……40㎖
A砂糖……40g

作り方

①鶏肉は皮をはいで3等分に切る。

②Aはよくまぜ合わせる。

③ジッパーつき保存袋に①、②を入れてなじませ、空気を抜いて口を閉じる。冷蔵室に1日おく。

バットにのせて冷蔵室で保存。約5日間保存可

こんな食べ方も

鶏むねのみそ漬け1切れと好みの野菜を一緒に焼いてお弁当のおかずに。鶏むねに味がしっかりついているから、野菜に調味は不要。

鶏むねのみそ漬け焼き

シンプルに焼くだけで絶品です

材料・2人分

鶏むねのみそ漬け(作り方は上記)……2切れ
サラダ油……大さじ1
大根おろし……適量
すだち……1/2個
一味とうがらし……少々

作り方

①鶏むねのみそ漬けはみそをふきとって1㎝厚さに切る。

②フライパンにサラダ油を中火で熱して①を並べ入れ、両面に焼き色がつくまで焼く。

③器に盛って大根おろしを添えて一味とうがらしを振り、すだちを半分に切って添える。

※この記事は『和食屋がこっそり教えるずるいほどに旨い鶏むねおかず』笠原将弘著(主婦の友社)の内容をWEB掲載のため再編集しています。
※2023年6月19日に配信した記事を再編集しています。

書籍紹介『和食屋がこっそり教えるずるいほどに旨い鶏むねおかず』

「第10回 料理レシピ本大賞」<料理部門>入賞

笠原将弘著
主婦の友社刊
詳細はこちら
「パサつきやすい」「調理に手間がかかる」など、鶏むね肉の調理に苦手意識を持つ方は少なくありません。こういった料理のお悩みは、予約のとれない和食店の店主 笠原氏が解決してくれます! 実家が焼き鳥屋だった笠原氏、鶏肉の知識と腕前は料理人随一です。買い方、扱い方、調理と保存方法までを丁寧に解説し、むね肉とは思えないくらいジューシーでしっとり仕上がる調理のコツを教えてくれます。むね肉料理を美味しくするテクニックが満載の66品を、ぜひ自宅で試してみてください!

★「第10回 料理レシピ本大賞」<料理部門>入賞書籍からのレシピはこちら★

笠原将弘さんの【鶏むねのひき肉】絶品レシピ。スープにして極上の旨みを堪能する! 笠原将弘さんの【鶏の皮】レシピ。旨味とコクが絶妙「鶏皮大根の含め煮」

知ってる? PR

50代から「ペントハウス」にハマる理由とは?

50代から「ペントハウス」にハマる理由とは?

タワマンに住む富裕層の欲望が渦巻くサスペンス。韓国ドラマ「ペントハウス」が話題です!奇想天外な物語になぜハマる?トップブロガー 中道あんさんがひも解きます。

詳細はこちら

PICK UP 編集部ピックアップ