私らしく生きる 50代からのマチュア世代に

人気記事ランキング 連載・特集

生活費月12万円のショコラさん。退職後の家計はどう変わった?増えたもの、減ったものを聞きました

公開日

更新日

池内かずこ

退職後の家計はこうなりました

ショコラさんの家計全体についての考え方がわかったところで、最近のひと月の収支内訳を教えていただきました。
「去年、年金支給額が少し上がって、手取りで月額12万6000円になりましたが、今までどおり12万円の枠内でのやりくりを基本に考えています」
12万円の予算は、以下の3つのカテゴリーにざっくり分けています。

●固定費6万円
●食費2万円
●生活費4万円

「固定費の6万円は、マンションの管理費や光熱費などの費用として銀行口座に残しておきます。残る6万円は現金で引き出して、食費2万円、生活費4万円(日用品や美容、医療費、被服費、趣味娯楽費など)にあてています」

現在のひと月の家計を具体的な数字で教えていただきました。
●固定費 予算6万円
・マンションの管理費(WIFI代含む)、修繕積立金、固定資産税(月割り)など……3万2330円
・ガス、電気代(東京ガスでまとめて支払い。1年間の平均)……8348円
・水道代(ひと月分)……1900円
・保険(都民共済、がん保険)……5692円
・スマホ代(オプションを見直し。かけ放題を解約)……2600円
・Suica オートチャージ代(息子や友人とのおでかけ時に)…… 6000円
・NHK受信料(月割/受信料が270円値下げに)……1950円
・Amazonプライム会費(月割)……409円
小計…… 5万9229円

●食費 予算2万円
・食材費・自分ひとりの軽食代……1万7800円

●生活費 予算4万円
・友人や息子たちとの外食代や銭湯などの趣味娯楽費(やや増加)……1万1000円
・化粧品、美容院、歯の健診など、美容・医療費……5790円
・被服費……4990円
・日用品、花、手土産などの雑貨類……1万5300円
・灯油代……2000円
小計……3万9080円
  
総計 …… 11万6109円

長年家計簿をつけていましたが、月の出費がほぼわかってきた6年ほど前に、細かな記帳はやめました。現在は、ダイソーで買った出納ノートに、旅行費用や友人や息子さんたちとの会食などの交際費、美容室代など、記憶しておきたい出費のみをメモしています。

知ってる? PR

50代から「ペントハウス」にハマる理由とは?

50代から「ペントハウス」にハマる理由とは?

タワマンに住む富裕層の欲望が渦巻くサスペンス。韓国ドラマ「ペントハウス」が話題です!奇想天外な物語になぜハマる?トップブロガー 中道あんさんがひも解きます。

詳細はこちら

PICK UP 編集部ピックアップ