私らしく生きる 50代からのマチュア世代に

人気記事ランキング 連載・特集

【ガーデニング】毎年咲いてくれる多年草サルビアで秋の庭を彩る

公開日

更新日

光武俊子

サルビアと聞いて思い浮かべるのはどんな花ですか? 公園の花壇に咲く朱赤の花? それとも青や白の花穂でしょうか? サルビアはとても種類豊富で、草丈も花色も多彩です。毎年咲いてくれる多年草のサルビアにはワイルドな雰囲気のものも多く、秋の庭をナチュラルに彩ります。

【ガーデニング】毎年咲いてくれる多年草サルビアで秋の庭を彩る

サルビア・レウカンサとコスモス

画像ギャラリー

★秋の花をもっと見る★

【ガーデニング】芽出し苗で楽しむ 秋に咲く球根植物6選。植えたまま来秋も咲く多年草

ナチュラルでワイルドな雰囲気が楽しめる

サルビアは世界中に900種類以上も仲間があります。なかで公園などでよく見かけるのは、朱赤のサルビア・スプレンデンスなど、寒さに弱い一年草(扱い)です。草丈が比較的コンパクトで、季節ごとに植え替えられる花は、管理しやすいのでよく使われます。

けれども、サルビアには寒さに強く毎年咲いてくれる多年草(宿根草)もいっぱいあります。人の身長ほども成長したり、大きな株に育つものも多く、ナチュラルでワイルドな雰囲気を感じさせる花が目立ちます。

グラス類との相性もバツグン! どちらも丈夫で植えっぱなしで来年も楽しめるため、最近注目されるナチュラリスティックガーデンによく使われます。今まであまり馴染みのなかった多年草のサルビアに触れてみませんか。

サルビアの英名はセージで、キッチンなどで利用されるハーブの「セージ」はすべてサルビアです。観賞用ばかりでなく、生活にも役立つサルビアの世界を楽しみましょう。

丈夫で毎年咲いてくれる多年草のサルビア6選

大きく育ち透明感のある花が目立つ クラリーセージ

開花期:6~10月(真夏は花が休みがち)
草丈:約1m

オニサルビアとも呼ばれる大型の花房が特徴です。しっかりした茎に、白~ピンク~紫など淡い花色の花を大きな花房で咲かせます。精油は女性の生理不順や更年期の症状に役立つといわれるハーブです。

シャープな花穂と深い花色が魅力 サルビア・ネモローサ

開花期:5月中旬~6月
草丈:40~60㎝

ネモローサは初夏に咲く多年草のサルビアですが、すっきりした花穂と濃い花色で美しく、バラなどとよく引き立て合います。なかでも園芸品種の‘カラドンナ’は、花が終わってからも萼片が残って、花壇のアクセントになります。

フルーティーな香りと明るい葉色 サルビア・エレガンス

開花期:10~11月
草丈:約1m

茎葉をこすると爽やかな甘い香りがして、パイナップルセージとも呼ばれます。またサルビアの中では明るい葉色で、軽やかなイメージ。なかでも‘ゴールデンデリシャス’は黄金色ともいえる葉色が美しく、カラーリーフとしても重宝します。

知ってる? PR

50代から「ペントハウス」にハマる理由とは?

50代から「ペントハウス」にハマる理由とは?

タワマンに住む富裕層の欲望が渦巻くサスペンス。韓国ドラマ「ペントハウス」が話題です!奇想天外な物語になぜハマる?トップブロガー 中道あんさんがひも解きます。

詳細はこちら

PICK UP 編集部ピックアップ