私らしく生きる 50代からのマチュア世代に

人気記事ランキング 連載・特集

【ガーデニング】プロセス写真つきで初心者にもわかりやすい!プロに教わる【クリスマスローズ】の鉢植えの植えかえのコツ

公開日

更新日

マチュアリスト編集部

クリスマスローズの苗を購入したら、次は、鉢植えに植えかえます! 植えかえ作業を1から順を追って丁寧にレクチャーしていきます。教えてくださるのは、滋賀県のイングリッシュガーデン「ローザンベリー多和田」のクリスマスローズ研究家、本家幸大さん。根はどうやってほぐしたらいいの?など、今までよくわからなかった疑問も解決してしまいましょう!

【ガーデニング】プロセス写真つきで初心者にもわかりやすい!プロに教わる【クリスマスローズ】の鉢植えの植えかえのコツ

大株のクリスマスローズ‘HGCシューティングスター’

画像ギャラリー

研究家発 クリスマスローズの育て方

「鉢植えの植えかえ、植えつけの作業は10〜11月と、3月がおすすめです。毎年植えかえているのであれば、3月に植えかえるほうが、すなおに根が伸びるのでよいでしょう」と本家さん。

ここでは2月ごろに購入した開花株を焼き締め鉢に植えかえる作業を、順を追って説明します。

用意するもの

・クリスマスローズの開花株(5号鉢)
・鉢(6〜7号鉢)
・クリスマスローズ専用土またはクリスマスローズ用にブレンドした土
・鉢底用ネットまたは立体型の鉢底用ネット
・ピンセット(下の写真は盆栽ビンセット)

立体型の鉢底用ネットは通気性を高め、根張りをよくする効果があります。

鉢植えの植えかえ

【1】 開花株を鉢(またはビニールポット)からとり出します。根が張ってとり出しにくいときは、ポットの側面などをたたきます(ゴムハンマーを使うのもおすすめ)。ビニールポットの場合は、ポットに切れ目を入れ、破いて取り出します。

【2 】鉢から苗を出した状態。側面、底もびっしりと根が回っていますね。

【3】 ピンセットを使い、固まっている根を軽くほぐしていきます。時間をかけると根が乾き、傷むので、手早く行うのがコツです。

【4】この程度までていねいに根をほぐします。

【5】植えつける鉢底に、立体型の鉢底用ネットを敷きます。

【6】あらかじめブレンドしておいた土を鉢に入れます。

【7】根をほぐした株を鉢に入れ、株が鉢上から指の第1関節ぐらいの高さになるよう土の量を調整します。

【8】植えつけたときに親指の第1関節ぐらいのウオータースペースができるよう、株の位置を調整しながら土を足し入れます。周りに土を足しながら、ピンセット等でつついて、隙間がないようにします。

【9】 土を入れ終わったら、枝元にたっぷりと水を与えます。1回だけでなく、2〜3回しっかりと与えてください。

根のほぐし方

「根をほぐすときは盆栽用ピンセットを愛用しています」という本家さん。いろいろな道具を使って試したところ、使いがってがよく、手早く植えかえらえるからだそうです。

「実際に私が講師を務める講習会などでも使用しましたが、受講者の方たちにも好評でした。植えかえる量が多い方は、盆栽用のピンセットを使ってみることをおすすめします。大きく手にフィットしやすいので使いやすいですよ」

「表土→肩→下部→側面とほぐしていき、ピンセットの先を斜めにして根をはがすように入れていくとよいです」

この記事の執筆者

PICK UP 編集部ピックアップ