私らしく生きる 50代からのマチュア世代に

人気記事ランキング 連載・特集

【窓ガラス・カーテン】ナチュラルクリーニングで結露によるカビを撃退!

公開日

更新日

ゆうゆう編集部

窓ガラスやカーテン、つい後回しにしがちですが、すき間時間を有効に使えばラクラク掃除がかないます。窓ガラスの普段の掃除は、水とスクイージーだけで十分。結露によるカビ予防にはアルコール水を活用します。ナチュラルクリーニング講師 本橋ひろえさんに教えていただきましょう。

窓ガラス

窓ガラスの汚れは、水とスクイージーを使えばよく落ちます。しかも二度ぶきは不要。窓の内側も外側も掃除法は同じです。

結露しやすいシーズンは、アルコール水を上手に使ってカビを予防しましょう。

【アルコール】

中性で、油をとかす作用があり、油汚れを落とすのに向いている。除菌効果もある。濃度によって「無水エタノール」と「消毒用エタノール」に分かれ、比較的安価な消毒用がおすすめ。

<アルコール水として使う>
水110mlに対し、アルコール90mlを入れ、混ぜる。容器が傷まないよう、水を先に入れること。数カ月使用可能。

①窓の上から下に向かって、水をスプレーする。

②スクイージーで水きりをする。水きりして出た水は、クロスで受け止める。

結露しやすい窓の下部分にアルコール水をスプレーしふき取る

結露するとカビが生えやすくなるため、予防にはアルコール水が効果的。

特に結露しやすい窓の場合は、1日1回を目安にスプレーし、ふき取る。

手あかなどの気になる汚れはアルコール水を使って落とす

手あかなどの汚れが気になる鍵部分などには、アルコール水を直接たっぷりとスプレーし、ふき取る。

カーテン

結露によるカーテンのカビ予防にもアルコール水を吹きかけて。

結露するシーズンは、毎日しっとりするくらいスプレーするのがおすすめ。

★合わせて読みたい★

大掃除が苦手な人におすすめ。頑張りすぎずにキレイを叶える【ラクラク掃除術】
【ダイニングテーブル・ドアノブ・スリッパ】汚れ落としと除菌を兼ねた、ナチュラル掃除
【リモコン・スマホ・電気スイッチ】水ぶきできない電化製品を、いつも清潔に保つ極意は?



※この記事は「ゆうゆう」2022年12月号(主婦の友社)の内容をWEB掲載のため再編集しています。

監修者

ナチュラルクリーニング講師

本橋ひろえ

もとはし・ひろえ●ナチュラルクリーニング講師
北里大学卒業後、室町化学工業にて合成洗剤製造などに携わる。結婚後、改めて洗剤に興味をもち、2006年より東京を中心にナチュラルクリーニング講座を開催。著書に『ナチュラルお掃除大全』(主婦の友社)など。

もとはし・ひろえ●ナチュラルクリーニング講師
北里大学卒業後、室町化学工業にて合成洗剤製造などに携わる。結婚後、改めて洗剤に興味をもち、2006年より東京を中心にナチュラルクリーニング講座を開催。著書に『ナチュラルお掃除大全』(主婦の友社)など。

この記事の執筆者

PICK UP 編集部ピックアップ