私らしく生きる 50代からのマチュア世代に

人気記事ランキング 連載・特集

ピンチのときの即効ワザ!「トイレに間に合わない」とき役立つ3つの方法とは?頻尿・尿漏れのお悩みに

公開日

更新日

マチュアリスト編集部

ピンチのときの即効ワザ!「トイレに間に合わない」とき役立つ3つの方法とは?頻尿・尿漏れのお悩みに

尿意をおさえる方法を知っていたら、どんなに助かることか。

画像ギャラリー

「もれそうなのに、近くにトイレが見つからない!」「高速道路のインターまであと少し、なんとかがまんしないと……」本当に困りますよね。切迫した状況で、尿意をおさえる方法を知っていたら、どんなに助かることでしょう。3つのカンタンな方法を、日本泌尿器学会専門医の関口由紀さんに教えてもらいましょう。

★飲み物と頻尿の関係はこちら★

水分をとるのは寝る何時間前まで?トイレが近くなる飲み物とは?気になる頻尿に

座っていたら、脚を組む

まず、イスに座っているときに、尿意が押し寄せてきてがまんできなくなったら。サッと脚を組みましょう。尿意がすっと引いていくのを実感できるでしょう。周囲の人に悟られない、スマートな方法です。

では、脚を組むとなぜ、トイレに行きたい気持ちが抑えられるのでしょう?

脚を組む姿勢になると、尿道が曲がります。尿道とは、尿をためている膀胱から、尿の出口までを結ぶ、尿の通り道です。尿道が曲がって尿の通り道がふさがり、尿の通過を一時的にストップすることができるのです。

同時に、ちつと肛門をキュッと締めてみてください。尿道をまわりの皮膚でふたをするようなイメージですね。こうすると、より効果的に尿意を抑えることができます。

立っていたら、しゃがむ

立っているときに、トイレに行きたくて仕方なくなったら、迷わずその場でしゃがみましょう。少々唐突かもしれませんが、じつはこれが、一瞬で尿意を止める方法です。

では、しゃがむと、なぜ尿意が抑えられるのでしょう?

それは、脚を組む姿勢と同様に、尿道が曲がるからです。尿の通り道がふさがることで、尿がもれ出すのを一時的にストップさせます。

脚を組むときと同様に、ちつと肛門をキュッと締めてください。尿道を締めることで、尿意を抑えられる時間が長くなりますよ。

余裕がないときの即効ワザ

「余裕がない、もうダメだ、もれそう!」というときの即効テクニックがあります。ズボンやスカートの上から、尿道の出口を押さえるというもの。

尿道のまわりの皮膚や皮下組織を、寄せ集めるようにして押さえてみてください。かなりの確率で尿がもれるのを止めることができます。

ただし、尿道の出口をダイレクトに押さえるというやり方は、人前ではちょっとできないかもしれませんね。家の中でも、「家族に見られるのも、恥ずかしくて無理!」という人もいるでしょう。そういう場合は、上着などを片手で持ち、押さえた手を隠せば目立ちません。

トイレががまんできない人は、おもに「過活動膀胱」が原因といわれています。トイレに行く途中や便座に座る前にもれてしまうことがよくあるタイプです。過活動膀胱の原因はよくわかっていませんが、加齢や骨盤底筋群のゆるみなどが関係していると考えられます。

骨盤底筋群が締まらなくなって尿がもれるので、尿道を押さえて直接せき止めるというわけです。

この記事の執筆者

PICK UP 編集部ピックアップ