私らしく生きる 50代からのマチュア世代に

人気記事ランキング 連載・特集

【ひとり暮らしのお宅拝見】72歳、団地住まいのソネジュンコさん「お金はなくても工夫次第で心地よい部屋は作れます」

公開日

更新日

ゆうゆう編集部

大切にしている暮らしの軸は「我慢しない」「心地よさを優先する」

「こぢんまりした部屋がいくつもあるよりは、広いスペースがひとつあるほうが好き。2つある広い部屋をぶち抜いてひと部屋として使っています。せっかく広くしたんだから、全部今の自分に合わせようとカスタマイズしました。今後は楽しく生ききることが自分の使命。『ストレスになる我慢はしない』『心地よさを優先する』と決め、それを実現できる部屋や暮らし方にしたんです」

といっても経済的な余裕はない。そこで道具や資材を集めてDIYに乗り出した。しかし、ソネさんは手間のかかることも嫌いな性格。

「だから調べるんですよ。できるだけ安く、手間を省いて自分の『こうしたい!』を実現するにはどうしたらいいか。今はネットで情報がいっぱい出てくる。これというものを見つけたら、あとは自分で動く。重い木材などを運ぶときだけは、子どもたちを巻き込みますけど(笑)」 

自由に釘を打ったり、額を飾ったりするための壁面を支柱と板で作り、母の形見の和だんすで玄関に靴収納を作った。スペースの狭い洗面所は、突っ張りアジャスターと棚板で「ツールタワー」に。一番のお気に入りは、長い時間を過ごすアイランドキッチン風のカウンターだ。

「昔、お金があったときにオーダーした流し台を再利用して作りました。廃材で天板を作って渡し、ペンキを塗った後にクッション性のあるニスを塗る。するとすごく肌触りのいい仕上がりになることがわかりました。もちろん全部独学ですよ(笑)。私は長生きしたいとは思わないんですけど、死ぬ1週間前までは仕事をしていたいんです。それには食事をおろそかにしてはダメ。広々と使いやすいキッチンで食を大事にすることには、こだわりました」

狭い洗面所には「ツールタワー」を設置して有効活用。タオル、洗剤、ドライヤー、掃除道具一式すべてを収納。

古い流し台を利用して作ったキッチンカウンター。天板には電源を配置してアイランドキッチンに。

知ってる? PR

50代から「ペントハウス」にハマる理由とは?

50代から「ペントハウス」にハマる理由とは?

タワマンに住む富裕層の欲望が渦巻くサスペンス。韓国ドラマ「ペントハウス」が話題です!奇想天外な物語になぜハマる?トップブロガー 中道あんさんがひも解きます。

詳細はこちら
この記事の執筆者

PICK UP 編集部ピックアップ