私らしく生きる 50代からのマチュア世代に

人気記事ランキング 連載・特集

【葬儀のマナー】お悔やみ、葬儀でNGの言葉とは?50代から心得ておきたい冠婚葬祭の常識

公開日

更新日

マチュアリスト編集部

通夜や葬儀・告別式でのしきたりは、迷うことが多いのではないでしょうか。お悔やみのときに使う言葉、使わないほうがいい言葉もあります。参列したときの決まりごとを知っておいて、遺族や参列者に失礼にあたらないようにしたいものです。現代礼法研究所主宰の岩下宣子さんに教わりましょう。

お悔やみの言葉

お悔やみの言葉は
「このたびはご愁傷さまでございます。心よりお悔やみ申し上げます」
が一般的です。

不慮の死の場合は、
「なんと申し上げていいのか言葉が見つかりません」
「思いがけないことで、心中お察し申し上げます」
なども使われます。
ご不幸のあいさつは紋切り型の決まり文句がいちばんです。

葬儀でNGの言葉

悲しみの席ならではの忌み言葉があるので、覚えておきたいものです。

お悔やみの席では、「重ね重ね」「たびたび」「いよいよ」「しばしば」「返す返すも」「重々」「次々」「皆々様」「つくづく」「再三再四」などの繰り返しをイメージする言葉はNGです。

「また」「追って」「続く」「再び」「再度」「繰り返す」「重ねる」など、不幸が続くことを連想させる言葉も避けます。

音が不吉な言葉、九(苦しむに通じるため)、四(死に通じるため)も避けます。

遺族の気持ちを慮り、「死ぬ」「死亡」「生きる」などの直接生死に関わる言葉も使ってはいけません。死亡は「ご逝去」、生きているときは「お元気なころ」などと言い換えます。

死因について話題にしたり、「天寿を全うしたのだから」などと口にしがちですが、遺族にはきつい表現になってしまいます。

また、「成仏」「ご冥福」「供養」などは仏教ならではの言葉です。神式、キリスト教式では気をつけましょう。

不幸の知らせを受けたときは

知人の死去を知らせる電話を受けたときは「ご連絡、恐れ入ります」が正解です。
「ご連絡ありがとうございます」は失礼です。
ありがたいはめったにない、いいことがあったときの言葉なので使えないのです。



※この記事は『50代からの冠婚葬祭きちんとマナー』岩下宣子監修(主婦の友社)の内容をWeb掲載のため再編集しています。

※2022年10月21日に配信した記事を再編集しています。

★あわせて読みたい★

【葬儀のマナー】通夜、葬儀、告別式の違いとは?50代から心得ておきたい冠婚葬祭の常識 【葬儀のマナー】喪服、アクセサリーなど服装の決まり事とは?50代から心得ておきたい冠婚葬祭の常識 【葬儀のマナー】仏式・神式・キリスト教式で異なる拝礼のしきたりとは?50代から心得ておきたい冠婚葬祭の常識
監修者

現代礼法研究所主宰

岩下宣子

共立女子短期大学卒業。全日本作法会の内田宗輝氏、小笠原流の小笠原清信氏のもとでマナーを学ぶ。1985年、現代礼法研究所を設立。多数の企業や公共団体などでマナーの指導、研修、講演、執筆活動を行う。NPO法人「マナー教育サポート協会」理事長。『美人のことば練習帖』(三笠書房)、『40歳までに知らないと恥をかく できる大人のマナー260』(KADOKAWA)、『書き込み式おつきあいを大切にする安心メモリー帖』(池田書店)、『冠婚葬祭マナーの新常識』(主婦の友社)など、著書、監修書多数。

共立女子短期大学卒業。全日本作法会の内田宗輝氏、小笠原流の小笠原清信氏のもとでマナーを学ぶ。1985年、現代礼法研究所を設立。多数の企業や公共団体などでマナーの指導、研修、講演、執筆活動を行う。NPO法人「マナー教育サポート協会」理事長。『美人のことば練習帖』(三笠書房)、『40歳までに知らないと恥をかく できる大人のマナー260』(KADOKAWA)、『書き込み式おつきあいを大切にする安心メモリー帖』(池田書店)、『冠婚葬祭マナーの新常識』(主婦の友社)など、著書、監修書多数。

50代からの冠婚葬祭きちんとマナー Kindle版

岩下宣子監修
主婦の友社刊

暮らしもおつき合いの幅も縮小していく大人世代。そんな中でも、最低限おさえておきたい冠婚葬祭のしきたりや、お中元、お歳暮、お見舞いなど、日々のおつき合いにおけるお金の相場やマナーをわかりやすく解説。年金生活者やそのプレ世代が、負担を減らしながらも気持ちをしっかりと伝えるために役立つ常識が満載です。

詳細はこちら
この記事の執筆者

PICK UP 編集部ピックアップ