私らしく生きる 50代からのマチュア世代に

人気記事ランキング 連載・特集

手作り簡単!【いちごジャムの作り方】甘さ控えめのいちごジャムのレシピも

公開日

更新日

飯田順子

果物と砂糖、基本はこの2つの食材だけ。ジャムはほんとうにシンプルな保存食です。「だからこそ、味と香りと酸味や甘みの絶妙な配合で、驚くほど違った顔を見せてくれます」というのは、お菓子研究家の飯田順子さん。ジャム作りの基本、いちごジャムのレシピを教えていただきましょう。甘さ控えめいちごジャムもご紹介します!

いちごジャム

いろいろなジャムの基本になるので、煮詰めかげんや保存方法などをしっかりとマスターしましょう。
きちんとした手順を踏めば長く保存できます。
すぐ食べてしまうなら、熱湯消毒でOK。
煮沸消毒すれば、常温で3〜6カ月保存できます。

材料 (約300㎖分)

いちご……300g
グラニュー糖……180g
レモン汁……1/2個分

★煮沸消毒で、保存期間は常温で3〜6カ月

保存びんを煮沸消毒しておく

鍋に保存びんが完全に沈むくらいの量の湯を沸かし、よく洗った清潔な保存びんとふたを入れ、3〜4分沸騰させる。
火を止めてとり出し、清潔なふきんに伏せて水分を蒸発させ、熱いジャムを口まで詰め、すぐにふたをきっちり閉め、さかさにして冷ます。

作り方

①いちごは洗ってへたをとり、大きいものは半分に切る。

②鍋に入れ、グラニュー糖とレモン汁を加えてまんべんなくまぜ、30 分ほどおいて水分が出るのを待つ。

③20〜 30 分でかなりの水分が出てくるので、この状態になったらOK。

④強火にかけ、沸騰したら中火にし、焦げつかないように絶えずへらでまぜて15 分ほど煮詰める。

⑤途中でアクが浮いてきたら、こまめにすくいとる。ていねいにアクをとるのがおいしく仕上げるコツ。

⑥いちごに透明感が出てきて、全体にゆるいとろみがついてきたら、火を止める。

⑦ジャムは冷めると濃度がつくので、加熱しすぎに注意する。冷凍室で冷やした小皿に少量たらしてみて、下までたれない程度が煮詰める目安。

⑧ジャムが熱いうちに、煮沸消毒した保存びんに詰める。長期保存する場合は口いっぱいまで詰めること。

⑨ふたをしっかりと閉め、さかさにしてそのまま冷ます。
※熱いジャムを詰めると、びんが熱くなるのでやけどに注意。軍手やふきんで持つようにして。

PICK UP 編集部ピックアップ