私らしく生きる 50代からのマチュア世代に

人気記事ランキング 連載・特集

【温活】冷えとりに、毎日3分でもいいので実行したいことは? 温活ドクター石原新菜先生に聞くお風呂の入り方

公開日

更新日

面倒くさくてシャワーで済ませたい日もありますが、冷えをとるためには湯船にしっかりつかる習慣が大事。お風呂で体が温まると、体のこりや疲れがとれて、ぐっすり眠れるようになります。時間がないときは「3-3-3入浴法」や温冷浴がおすすめ。教えていただくのは、温活ドクター 石原新菜先生です。

毎日必ず「湯ぶね」につかる

冷え解消には、3分でもいいので、とにかく毎日湯ぶねにつかること。体の芯から温まり、疲れがとれて、肩こりやむくみが解消します。また睡眠の質もテキメンにアップします。

暑いから、時間がないから、とシャワーだけですませないで、湯ぶねにしっかりつかって、1日のリセットとして体を温めましょう。

【冷えとり入浴の3つのポイント】
①じわじわと汗をかくぐらいつかる
湯ぶねには、額にうっすら汗をかくまでつかること。汗が出るのは体温が1℃上がった証拠。

②夜寝る前なら、ぬるめのお湯
ぬるめのお湯は、副交感神経を優位にし、リラックス効果を高める。夜、寝る前は、ぬるめの温度に設定を。

③入浴前に体を動かす
入浴前に筋トレすると代謝が上がり、汗が出やすくなります。入浴後にストレッチをすると、血行がさらに促進。

半身浴で下半身を温める

みぞおちから下だけお湯につかる半身浴は、心臓や肺を圧迫しないため、長くつかっていられます。冬は40℃前後、夏は38℃前後で、30〜40分つかれば、じわっと汗をかいて血行促進になります。下半身を重点的に温めるので、婦人科系の悩みの解消にも。ぬるくなったら、追いだきしたり、熱いお湯を足したりして。

【半身浴の仕方】
・冬は40℃、夏は38℃
・アロマや音楽でリラックス
・タオルを首にかける
・みぞおちの下からつかる
・浴槽にいすを入れる

PICK UP 編集部ピックアップ